『ルパン三世THE FIRST』感想

0.5
2019年作品

 旦那さんが借りてきた。 全く見るつもりは無かった。 “面白くない”との噂だったからだ。

 この監督作品で、CGの映画“ドラクエV ユアストーリー”はホンット許せなかったし。

ただ、レンタルしてるから、見ようと、少し離れて見ていた。 ヒロインは、広瀬すず。メチャクチャ棒読みだとは、聞いた。

 でも、案外、メインのアクションや、ルパンがルパン一世に対しての熱い想いみたいな(帽子のシーン)事を語るシーン見てると、クッソ面白くないとは言い難い。 

 やはり、ルパンはルパンだし、声優さんが世界観を作り出してる。

次元大介役の小林さんだけが、ルパンの第1期からの現役声優さんと言うのは、有名だけれども、兎に角、やはり小林さんの演技も、次元と言う役どころも、熱いし、ルパンとの関係が好きだ。この映画に限らず。 役者さんは、久々に見ると、不二子ちゃんは、沢城さんだし(近年では鬼太郎を熱演されましたね!)、銭形のとっつぁんは、山ちゃんだし。 クリカンがルパンになった時は、もう、絶望したけど、貢献してるよね。

 この映画の感想と言うより、ルパンに対しての熱い想いが吹き出してしまったが、この映画は、やはりヒロインがちゃんと話さないと(棒読みじゃダメ)成立しないのではと言うセリフもたくさんあろうて。 ファーストと言う副題なので、確かにルパン一世の想いはあるとしてもさ、印象に残るのは、いつもの感じのルパン・帽子・不二子ちゃんなんだよね。 わざわざCGにする必要あるかな?アニメのデジタルでアクションだけCG化しても、最近は、スゴく面白いし、良く動く。 フルCGの意味とは。

山崎監督は、もうCGやめたら良いのでは?ドラクエの時のユアストーリーは許してねぇからな。

評価 :1/5。

コメント

タイトルとURLをコピーしました