映画『うなぎ』感想

1997年作品

1997.6.30 映画館で家族と鑑賞。

ついに邦画の時代がきたと思った。

日本というかアジアの、あの、独特の雰囲気とアジア色と道徳の融合の様な作品。

抽象的かもしれない。だが、それは夢の様な色合いの、物語の、世界観。

 役所広司の時代だわ。この映画をキッカケにより、役所さんが映画に出て飛躍していく。 

艶かしいウナギも。食べたら美味しいけど、それを思わせない。

間違えなく、見た後は、心を踊らせる。私も、22歳で興奮した。 また、大人になって見たら、違うのか。 星5つ。

評価 :5/5。

JAPAN MOVIE『Eel』(Japanese『UNAGI』)Impressions

I thought the time of the Japanese movie had come at last.It’s the work like morality’s being fused that peculiar atmosphere and Asian color in Asia whether you say Japan. It may be abstract. But that’s a worldview of a story of the shade like the dream. The time of government office Hiroshi. This movie is chosen as a trigger, and the government office is going out to a movie and is leaping.I do whether it’s gloss and am here, eel. If I eat, it’s good, but I don’t make them think of that.After not making a mistake and seeing, a heart can be fooled. I was excited about 22 years old, too. If it’ll be an adult, and it’s seen, is it different?

コメント

タイトルとURLをコピーしました