映画『としまえん』感想

B級映画

女優 小宮有紗が出てる映画だから、観た。今年、2019 年5月に公開。81分の映画。ホラー作品としては、サクッとした時間で、打倒。 レンタルDVDで鑑賞。

 あらすじは、仲の良いJK達の話が主軸。冒頭、ユーチューバーが豊島園とは言わず、閉園した遊園地の動画を撮る処から始まる。 その動画はのち、出てくるが、ちょっとソレもおかしいんだよな。時空を越えてるよう。何故って、豊島園は閉園してないのに、その動画が撮られているから。

 本筋は、ある日、留学が決まった主人公。主人公には、幼馴染みが居たが、行方不明だった〜事を、近所に散歩していたら、思い出す。売地になっている幼馴染みの家。ずっと買い手がつかない…と、幼馴染みの母がたまたま手入れに来ていて話す。その際、幼馴染みと主人公の写真、としまえんのチケットを渡す。 留学前にJK時代の仲間と飲食店で食事をする面々。としまえんのチケットが、次の日に有効期限と行こうと言う話に。 その前に、幼馴染みの売地に行くんだが。特に何も起きず。 翌日、としまえんに遊びに行くが…絶叫系のホラー!と題したい作品だろうが、としまえんは、よくOKしたな。

 ホラー映画で邦画で成功する事は、ほぼ少ないと思うのに。昔で言えば、ホラーはオバケ系だけでなく、ドラキュラ、ミイラ男とか本当に洋画風から、日本の推しは、熊に食べられる!と言う話がホラー映画だった。熊って…と、今なら思うかもしれないが、マジで田舎に一歩踏み込むと、今も昔も熊は居る。そして、‘人食い熊’と銘打ったホラーだった。 ソレが、オバケが支流になり、グロが入ってくる。さらに、行き過ぎたエログロもジャンルに加わる。 解体!残虐!監禁!其処がホラーの分野に居たと思う。 今は、オバケである。大体は、貞子ブームの後は、邦画のホラーは、オバケかな。

 さて、今回の‘としまえん’グロくない。強いて言えば、チョイ役の竹中直人の顔芸が怖い。 演技もまぁ、みんな、ホラーだとそんなもんでしょうと言う演技。 オバケ役の我等が小宮有紗こと、ありしゃの足からの異様な動きが怖い。 ありしゃの演技は映画は、‘50回目のファーストキス’以来。ドラマは、‘スカッとジャパン’でも出ていた。女優であるが、声優である。今回の映画では、可愛いJK姿が見れる。 映画としては、星1つですが、ありしゃが忙しい中でも、女優として出てるだけで、見れる。 演技は幽霊役なんで差し置いて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました