るろうに剣心(金曜ロードショー地上波)感想

2012年作品

2012年作品。

前回、劇場で見た感想は此方→『るろうに剣心』感想

 ひっさびさに、映画見た。そりゃ、12年作品だしね。今、思えば、結構な豪華俳優陣が出ていた。綾野剛がやられ役で出てるし、綾野剛のイケメンぶりを控えてやられ役に徹してる様な映像でした。

 今になってみても、原作漫画がジャンプで連載していた時から、もう何十周年なのであんまり…覚えてないけど、ヒロインの神谷薫の道場は近所に認知されてはいたものの、こんなに映画版の様に周りに頼られていたっけ?と思った。

劇場で見て以降、地上波を何処かのタイミングで見たかもしれない。2013.7、2014.8、2015.10でも3回に渡ってやっている。ただ、その時の感想を書いてない。

 原作通り、結構忠実に赤ベコとかも再現されていたね。監督の大友啓史さんはTVやってから、映画を撮ったのではなかったかな。 結構前に、TIFF(東京国際映画祭)でご本人の舞台挨拶を見てから知った情報だったかなぁ。TIFFの時は、京都編作ってるか完成したところだったろうか。

監督がライダースの私服で若いなぁと思ったら思い出。

映画の感想自体は、前回と変わらないかな。まぁまぁ面白い作品だよね。

 “佐藤健主演、ワイヤーアクションはしていません”が売り文句の通り、アクション凄い!

ただただ、主演を喰いそうな勢いで武田観柳役の香川さんが目立ってる!マジで演技上手く、ノリにノってる作品の1つだ。カイジ(1作目)もそうだけど。 

観柳が出てくるシーンでのBGMが分かり易いw。

楽しい映画でした。

評価 :2.5/5。

コメント

タイトルとURLをコピーしました