“ドラゴンボールZ 神と神”感想

2013年作品

 公開時、見に行った気がするがレンタル。

お馴染みのドラゴンボールのメンツが久々に揃い、TVシリーズ終了後から何年振りかと言う映画。 何故、タイトルが“ドラゴンボールZ”なのか。 ドラゴンボールではダメだったのかと思ったが、TVシリーズのZからの後の作品になるのは分かるのだけど。 ドラゴンボールと言えば、Z→GTだったと思うが、Zの続編としてはGTもパラレルっぽいし、Zの映画の中でもパラレルっぽく色々ある。だからどの世界線とTV版では無く原作ともリンクしてるのか気になっていたが、全くの劇場版オリジナルという事で楽しみでもあった。そして何と言っても、劇場版の原案にも原作者鳥山明が関わるので脚本も、楽しみだった。ドラゴンボールF公開も間近で、楽しみ。

 神ビルス様が、スーパーサイヤ人ゴッドに会ってみたいと願った。

其れでなんやかんやで、結局、悟空がサイヤ人ゴッドになり、スーパーサイヤ人(金髪)から、サイヤ人ゴッド(青い髪)になり、激しい戦いが始まった!という話し。

 やはり、面白いデスよ、ドラゴンボール!

評価 :4/5。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました