パプリカ感想

2006年作品

パプリカ〜花が咲いた〜ら〜♪なんて歌より先ですよ!?パプリカの映画は!

 この度、BS(無料配信曲)にて放送されました♡ 初見でした。

う〜ん…感想は何と言うんでしょう………? マジで分からない。 此れ、肌に合う合わないあるかもしれませんね???

 夢の様な、いや、全部夢の中のアニメを魅せてもらった感じで、誰もが妄想し得る様な、それ以上のものも、アニメと言う画に残したハチャメチャな作品だと思うんですよ…。 ストーリーは、もう、冒頭から分からない気がしませんか???

 仮想世界の中に行けて、刑事さんのトラウマを其処で治療してる様な…そう、見て取れますけど。どうなんでしょうか。マジで、此れ、理解出来ない人には、面白くないで終わる作品ですよね………。 言うて私も、刑事さんが何度か仮想世界でありながら、現実の時間を?タイムループして犯人を追ってる姿に、意味がわからないなぁと感じました。

 何回か見たらきっと、納得いくのかなとか…。とりあえず、ちょっと、書き出してみますね。

『パプリカ』あらすじ


初見のシーンから、タイムループの様な作り。

 其処は、粉川警部の夢の中。夢の中では、楽しい音楽が鳴り響き、パレードが行われている。ヒロイン・“パプリカ”と言う可愛い女性も出てくる。 自由奔放。其れが、実は仮想世界であった。 粉川警部は、治療に訪れてる患者。

 仮想世界は、“DCミニ”と言う他人の夢を共有できるデバイスの作り出した世界。 精神医療総合研究所に勤める主人公の千葉敦子は、治療を行うセラピスト。

敦子は、夢の世界では別人格の「パプリカ」であった。

ある日、研究所からDCミニが盗まれた。

 現実世界がハチャメチャな世界になる現象が発生。

敦子(=パプリカ)は粉川警部の強力を得て、夢と現実が入り乱れた世界の中で、DCミニを盗んだ犯人を追いかける。

 果たして、盗んだ犯人…とは?

原作は「時をかける少女」などで知られる作家・筒井康隆による同名のSF小説。

映画『パプリカ』感想

 筒井康隆の原作と知っていれば、先に原作読んだと思う。 まずは、筒井康隆のSFが、当時、小説の発表の時点では映像化出来なかったであろうが、平成の昨今だと出来る様になったから、作ったのではあろうな。

 それでも。私は、ピン!とこなかった。何処かAVの様な感覚の作品かなぁと思った。 エロばかりと言う意味ではないよ。 でも何処となく、ちとエロく、人の夢の世界を魅せられると言うのは、ちょっとAVの其れに似てるかなと。

 豪華声優陣ではあるし、ジャパニメーションと言う世界を魅せられる事が出来る作品かもしれない。 だけど、なかなか、真意が見えない気がした。 世間一般では、星5の様な作品なんだとは思うよ? だけど…同じ世界をタイムループしてる様に、ぐるぐるグルグルと、同じ様な構図で場面で何を伝えてるのか…。 仮想世界を作りあげるマシンを取り返したい!と言うよりは、粉川警部の過去と向き合い?トラウマを克服すべく出来ただけの世界に見える。 まぁ、ベースが粉川警部の世界なのだろうけど。

 個人的には、林原めぐみがヒロインは、まぁ…判る。パプリカではなく、千葉敦子の同僚・時田くんと、ハッピーエンドになるのは、良い終わりかたかもしれない。 ただ、過程が本当に…絵としては魅せられてるし、終始、面白い世界。 ただそう、内容が多分、原作ほど無い映画な気がする〜その、絵を見せないがばかりに。

 原作者の筒井康隆自体は『時をかける少女』の原作者であり、昭和のSF小説家の代表だと思ってるから、原作は面白いのだろうな〜と思う。 

私的には、星3かな…。 それも絵の美しさと声優さんの豪華さによるけどな。

評価 :3/5。

コメント

タイトルとURLをコピーしました