映画『ベイブ』感想

4.0
1995年作品

1999.3.19金曜ロードショウで鑑賞。

ベイブとは豚。子豚の映画。

可愛い。ただ、ひたすらに、可愛い。それだけではない。物語は、意外な展開をもたらす。

 ベイブは、子豚ながらにして、“放牧豚”になると言う設定。なんで、コレ、思いついたの?天才かよ…と言う物語。 ‘放牧犬’を真似てたら、豚にも出来ちゃったよ…と言うあり得ないストーリーが、目を引く。

 (数年)後日談…ちなみに、吹替は、ディスクと、TV版と公共放送版では違うらしい。円盤では、田中真弓クリリンらしいので、TV盤を堪能したら、比べてみると良い作品。星4。

評価 :4/5。

MOVIE『Babe』Impressions

Pretty. It’s pretty in earnestness. It isn’t only that. A story brings unexpected development. Babe, though it’s shoat, the setting to which I say it’ll be done, and that it’s “pasturage pig”. Why was this thought of? A genius, the story called…. If ‘pasturage dog’ is being imitated, the impossible story which also says to a pig that it’s done… catches eye.

コメント

タイトルとURLをコピーしました