ベストキッドTHE KARATE KID感想〜ベストキッドのリメイク版〜

いいリメイク作品の例。 
 オリジナルを、1~4まで見た気がするけど、所々しか覚えて無いもんだね・・・(--)。 稽古をするシーンしか、覚えてないとか。 前作は、日本人ミヤギさん(役者さんは、ハーフ)とダニエルさんの物語り。 

 今回は、父親が死んで、母親の転勤で中国に行く事になった子供が、引越し初日に、友達が出来、初恋もあり、イジメに遭い、翌日学校に行ったら、イジメた子が、上級生と言う話し。 
 強くなりたいと、カンフーを練習したり、道場に行こうと思ったりしたが、道場には、あの上級生が! そして、仕返しをした日、マンションの管理人・ハンさんに助けてもらい・・・何故かカンフーが強いハンさんに、教えを請う。 

主人公ドレ・パーカー(シャオドレ)役はジェイデン・スミス。 ウィル・スミスの息子という事で、今回、映画の主演はウィルの子供が出る!という事でも話題となった。

 イジメ・初恋や、学校の背景は、すごく子供の目線までいっている感じがしたので、教育にも良いと思う。 
 途中、ハンさんの過去話で、号泣・・・! 


主人公の男の子も、脆くも、強い心で、頑張る姿は、本当に見ていて、名演技者だと思った! 
 舞台も、風呂敷を広げすぎず、‘中国’でしているので、伝え易い。(ただ、やはり、ハンさん役のジャッキーチェンが中国人で、‘中国拳法’を教えている様である) 想像してなかったが意外に笑えるところもあり、エンターティメントしている作品だ! 
 オリジナルで、ミヤギさんが、仙人みたいな中身は怪しい日本人ぽいのに対し、ハンさん役のジャッキーは、言わずと知れた達人なので、貫禄も出ているし、生粋の中国人なので、納得な役柄。 オリジナルに模して、ヒゲをつけていたけど、気にならなくなるし。 
 相変わらずの、ジャッキーチェンの体術(特に、人と物を使った体術)は、芸術的だ! 2時間以上とは、思えない作品、途中にまったり感もなく、良い。心がホッコリするシーンは、あるが。 
 全体的なバランスが良く、感涙出来たので、好きな作品です! 
子供と見たい・・・ 伴侶と見たい・・・ 気持ちがホッコリしたいときに見たい・・・ スポーツをやってる人はみたい・・・ 作品です! 

評価 :5/5。

Movie『The Karate Kid』(2010)impression

Work of the good remake. Though I feel like having seen an original to 1-4, it is a thing to remember only here and there, … (- -). That I learn only the scene taking a lesson of. The previous work is a fable of Japanese Miyagi (in the actor half) and Daniel.

The story that the child whom I tormented when father is dead this time, and the child who would go moves into China by the transfer of mother, and there is a friend on the first day, and there is the first love and encounters bullying and goes to school the next day says to with an upper-class student.

When wanted to become strong, practiced kung fu, and was going to go to the dojo studio, but an upper-class student that in the dojo studio! And, on the day when I took revenge, manager, Kahn of the apartment helps me and asks … Kahn that kung fu is strong why it is for teaching.

As the background of bullying, first love and the school felt like I say to the glance of the child very much, I think that it is good for education.
In the past story of Kahn, it is wailing … on the way!

The boy of the main character really saw the figure which did its best for a strong heart easily and thought that it was a show stopper! 
It is easy to convey the scene without opening a furoshiki too much as it is `China’. I did not imagine it, but there is the place laughable unexpectedly, and エンターティメント is a work doing! 
The duty that it is that the dignified presence appears as Jackie of the part of Kahn is an obvious master whereas it is original, and Miyagi is the Japanese that the contents like the hermit are doubtful-like and is a native Chinese, and is assent. I imitate it for an original and am not interested though I soaked a mustache. 
The jujutsu (particularly the jujutsu using a person and the thing) of Jackie same as before is artistic! More than two hours, it is good that I wait in the middle of a work not to think of to be it without a feeling. There is the scene to make warmhearted. 
General balance is good, and tears are works to likeas they were able to do it! 
When … feeling to want to see with a companion with a child wants to become warm, I want to see it. It is the work which is recommended to a person playing sports!

コメント

タイトルとURLをコピーしました