映画『ボヘミアンラプソディ』感想(2019年鑑賞)

2018 年作品

                       

 2018年作品。

やっと見てきたボヘミアンラプソディ。

どうして、今まで見なかったの?と後悔したほど。

ステキな世界が広がっていたよ。

全部、音楽!その構成の素晴らしさや。音楽を音楽スタジオで作る楽しさ、奔放さ。

楽曲は、素晴らしさのは勿論の事、勇気と希望を与えてくれる。

 そして、私は、3回は泣いた。

恋人と別れるシーン、お父さんと和解するシーン、そして、ウィーアーザチャンピオンって歌ってるところ。

真面目な人ほど観ると、きっと、一生懸命生きてるから………涙するはず。

そう、ウィーアーザチャンピオンは、応援歌なのだ。

私は、最後のシーン、最高だった。

やはり、誰しも、親との確執だったりあったら、見て思い出し、泣いてしまうだろう。それに、恋をした事あれば、別れのシーンは辛い。泣く。

最後は、頑張って頑張って生きてきた。色んな小さな罪を繰り返し。でも、頑張って歩んできたものがあれば、来た道を思い出し泣くだろう。

これから、クイーンの音楽、歌詞の意味付きで検索して(英語出来ないから)調べ聞いていきたいと思います。

ちなみに、フレディ役のかた、結構、出っ歯で演出してるけど…フレディはそこまで出っ歯じゃないだろうよ…。 

その時分、生きてたけど、流行りの時はまだ幼かった私でも、Queenが有名って知ってるし、フレディが、そんな出っ歯じゃ無いこと位知ってるよ?!

 フレディが、保護猫してて、沢山猫を飼ってたのも後から調べた…と言うか、ほぼ、Twitterかな?のツイートで流れてきた。ほのぼのする話し。

 冒頭のノッてる音楽と共に、メッチャ猫ちゃん達が登場するのは、もう既にフレディがクイーンで有名になってて、保護猫を沢山飼えるほどの財力だったのを示してるよね。そのあと、Queen誕生迄を振り返って戻るけど。

 保護猫活動の旨を、ボヘミアン〜の映画が騒がれた時に知ったから、どんなに猫がわんさか出てくる映画かな?と思ったけど、実際は、わんさかは出てこなかったし、保護猫の事に触れてなかったね。 あぁ…。触れると長くなるものね、話しが。

 でも、ホント!猫可愛いよ!フレディが、猫に触れてるのも可愛いと思われるので沢山そういう場面入れても欲しかったけど!本筋の“Queen”誕生から離れてしまうからねぇ…。

フレディと猫については、『大の猫好きフレディマーキュリー』(ディリィニュース)の記事も参考にしてみて欲しい。

猫、込みで無くても、この作品の面白さ、エンタメ性、誰でも楽しめるのは100%だから、星評価は5つ!

評価 :5/5。

『Bohemian Rhapsody』Movie impression

2018year Movie。

The Bohemian rhapsody checked finally.

By all means wasn’t it seen so far? To the extent it was regretted.

The nice world spread.

All and music! Wonderful of its construction and.
All and music! Wonderful of its construction and. The pleasure and wildness with which music is made at a musical studio.
Music gives me hope with a thing as well as the one of wonderful and the courage.
And I cried 3 times.

And a sweetheart, Sean who parts, a father and reconciled Sean are singing WE ARE THE CHAMPION.

Because I live strenuously surely… when a serious person sees,…,… should shed tears.

Yes, WE ARE THE CHA MPION is a cheering song. ..

I was the last scene, the best! After all, if there is a feud with a parent, everyone will see it, remember it, and cry. Besides, if you’ve fallen in love, the farewell scene is painful. cry

At the end, I worked hard and lived hard. He repeats various small sins. However, if there is something that has been working hard, I will remember the way I came and cry.


By the way, the role of Freddie, quite a bit, is directed by the protruding teeth … Freddie may not have that protruding teeth …

I was alive at that time, but I was still young at the time of the epidemic, but I know Queen is famous, and Freddie knows that it’s not such a big tooth, right? !!

I later found out that Freddie was a protected cat and had a lot of cats … or maybe Twitter? It flowed in the tweet of. A heartwarming story.

The appearance of Mecha cats along with the knocking music at the beginning shows that Freddie was already famous for Queen and had enough financial resources to keep a lot of protected cats. After that, I will look back on the birth of Queen.

I learned about the activity of protected cats when the bohemian movie made a noise, so I wonder how many cats will come out.
I learned about the activity of protected cats when the bohemian movie made a noise, so I wonder how many cats will come out.

But really! The cat is cute! Freddie seems to be cute when he touches a cat, so I wanted him to put in a lot of such scenes! It’s because I’m away from the birth of the main “Queen” …

Even if it’s not a cat, it’s 100% fun and entertaining, and anyone can enjoy it!

コメント

タイトルとURLをコピーしました