ボヘミアンラプソディー感想

感動

                       

 やっと見てきたボヘミアンラプソディー。

どうして、今まで見なかったの?と後悔したほど。

ステキな世界が広がっていたよ。

全部、音楽!その構成の素晴らしさや。

音楽を音楽スタジオで作る楽しさ、奔放さ。

楽曲は、素晴らしさのは勿論の事、勇気と希望を与えてくれる。

 そして、私は、3回は泣いた。

恋人と別れるシーン、お父さんと和解するシーン、そして、ウィーアーザチャンピオンって歌ってるところ。

真面目な人ほど観ると、きっと、一生懸命生きてるから………涙するはず。

そう、ウィーアーザチャンピオンは、応援歌なのだ。

私は、最後のシーン、最高だった。

やはり、誰しも、親との確執だったりあったら、見て思い出し、泣いてしまうだろう。それに、恋をした事あれば、別れのシーンは辛い。泣く。

最後は、頑張って頑張って生きてきた。色んな小さな罪を繰り返し。でも、頑張って歩んできたものがあれば、来た道を思い出し泣くだろう。

これから、クイーンの音楽、歌詞の意味付きで検索して(英語出来ないから)調べ聞いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました