レンタネコ(映画)感想

4
2012年作品

レンタ~ネコっ! 寂しい人にぃ~ねこっ!お貸ししますっ~と、クセになる唄。 
心の穴ぽこは、ネコが埋めると言う話し。 
主人公は、様々な職業と兼業して、レンタネコを営む。 
監督が、’かもめ食堂”メガネ’など、ゆる~いシュールな作品を作り出せる方。 
本作品も、ゆるさと、シュールさ、手作り感満載の作品です。 
たくさん猫を飼ってて、緩い生活・・・羨ましい! 猫がいない生活なんて、ありえないよね。

評価 :4/5。

JAPAN MOVIE『RENTANEKO』(『Rental cat』impression

RENTA-cat! For a lonely person, I-NEKO! I’ll lend you, oh, it’s breathed in-, and, the song which becomes a habit.
Speaking to which I say that a cat buries hole POKO at the heart.
A main character runs various occupation simultaneously and carries on RENTANEKO.
The way where a director can produce the work by which’ sea gull dining room ” glasses’ are loose Schul.
Loose and Schul are also a work of making by hand sense filling this work.
A loose life keeps many cats, and is enviable! The life a cat isn’t is impossible, isn’t it?

コメント

タイトルとURLをコピーしました