ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序

アニメ

〜面白かった。 12年振りの再編かと、思っていた。 噂で聞いていた?エヴァ12年前のTV版の再編集でしかないかと思っていた。 だから、見ないでいいと思った。 けれど、違った。 かつて、ガンダムが、イデオンが、再編集したような作品と思った。TVから、映画の為のただ単の少し変わっただけの、再編集・・・。そう思っていた。 でも、今までのアニメの編集作品とは、ワケが違う。 
 まったく新しいのだ。 12年・・・眠っていて、パワーアップしていた。 アンノ監督の、気持ちと成長を、詰め込んだ作品。 助監督や、多くのスタッフと共に、再編したエバは、昔のTV版を、“軸”に、‘新しい世界’のエバの作品になっていたのだ。 ~なので、12年前、エウ゛ァンゲリオンのTV版も、映画版も知らない人も、安心して見れますよ。 
  
 そして・・・この、“序”(エウ゛ァンゲリオン映画版は、1~4作まであります。今回のタイトルは、“ヱヴァンゲリヲン劇場版・序”)は、1番のキーポイントは、使途と呼ばれる人類の【敵】の存在(形状は様々。)を、地球連邦軍(笑)もとい、‘民間の施設団体’ネルフが、どんだけの人数の人間が支えてるかって言う事。~人と人とのつながり(主人公・シンジと、作戦部長ミサト)の人間ドラマを、軸に、ミサトとリツコだったり、シンジとレイだったり、シンジとお父さんだったりの人間関係も、輪郭を持って明確に描かれている所は、映画を作る上で、もっともだったと思うが、それ以上に、ネルフを支えてるスタッフが、12年前の(コレを原作とする。)エヴァに比べて、多く描かれている。 それは、とっても大事な【人】~と言う、キーポイントであると思う。 
 【人】が、いるから、【人】は、【人】を大事に想い、生きていける。 そのエヴァと言う作品の大事なポイントが、人間関係。  
 ~少なくとも、私は、そう、思った。 

 そして、それを基盤に考えた時、この劇場版で、ネルフと言う組織の多くのスタッフを見た時、エラク感動を覚えました。 
 そして、エンディングロールを見た時も、同じ感動を覚えました。 ・・・多くのスタッフから制作される、エヴァと言うアニメ作品。この一人一人のスタッフがいなければ、この作品は、成り立たなかった。 当たり前のようで、違う。 人の想いが、作品を作る。 アニメの中のネルフのスタッフも、登場人物も。 アニメを作る人々も。 そういう人たちに、スポットライトを当てる意味で、多くの人物が、描かれたのかな~と、思いました。 アニメのスタッフさんも、エンディングロールで、お1人お1人の名前が光っていたのも、そういう意図ではないかな~と。 

 アニメの作品の中身は、その一人一人のスタッフの努力で、素晴らしいものになっていたのは、間違えなかったです。 

 そして、2部、3+4部となっていくのが、楽しみで仕方なかった。生きていて良かったと、当時、思ってた。
  
 エヴァが、TVシリーズで、12年前に始まって、終わるまで、その長かった12年は、人1人を大人に変える充分な、時間だった。
 私にとっては、12年前、エヴァに出会えて、ヲタクを、一時卒業した・・・それくらい、衝撃を貰った作品なのです。 メっチャヤバイ!(><)ヲタだった私を、一瞬にして変えた作品・・・・・・・・・。 少し、卒業くらいだったかもしれないけど、イベントにも行かなくなり、ヲタ用語を一切使わない生活だった。 ヲタに戻る時に、エヴァに会えた。 ・・・あの頃の私より、成長してる?大人になった? ~カオは、あまり変わんないし、中身も変わらないけれど、でも、少し自分を好きになったよ。 楽な生き方、覚えたよ。 友達、たくさん出来たよ。 と、思った。
 ・・・・12年て、長いね。 ずっと、キミに片思いしてたわけじゃないけど。待ってたわけでもないけど、“また、会えて良かった。” 

 そして、その12年で、長い年月で、私は・・・私達は、ミサト、リツコ、加持さんにもっと、近づいた。 そう、同年代になったトシ。 

 序の映画の中で、彼らと同じ年で、気持ちが分かる台詞が、出て、彼らと同年代になった~と、思った。 
 リツコと、ミサトが話すシーンは、ホンットに、女性以上に女性の気持ちが判る人が、台詞を考えてて、‘圧倒’の一言。 

 あの頃、12年立つなんて思わなかった。 同じ年になるなんて、思わなかった。 再び、会えた。 嬉しかった。  星4。

 そんな気持ちで一杯でした。エヴァに、再び会えた、そんな序の作品でしたわ。

追記ー2018・4・10

それから、破、次の作品(恐らく最終章)まで、まさかこの何年も続いて終わらないなんて、思っても見なかったよね、序の当時は。 そして、まさかの日テレで地上波放送、エヴァテレビシリーズの幾度と再放送、すると、当時は思わなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました