劇場版 まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語感想

アニメ

新章 叛逆の物語。

とりあえず、泣かなかった。
冷静に見れた。
映画とは、やはり、見る時期、年齢によって、こうも感じかたが違うのか。
当時はきっと、まどマギのテレビシリーズが終わって、テレビシリーズでも、バットエンドなのかハッピーエンドなのか。とにかく、まどかが、全ての魔法少女の命を救う事で、終わった。が、ほむほむは救われたのだろうか?
そう、映画では、ほむほむの幸せを願って、皆、見た筈だ。
処が、だ。
戦ってるのは、魔女では無く、魔獣。全然、違う世界なのか?と、まどマギファンだと、パラレルワールドだろうなと、すぐ判る展開。
いや、でも、此れは此れで…。
最初の魔女もとい魔獣に取り憑かれてしまう、さやかの恋敵。そして、さやかは、同じ人に恋してた筈なのに、映画だと、未練を断ち切ったのかの様な言動。
変身シーンは、もろ、マミさんの好みの、何とかカルテット!〜この、明るいまどマギの世界を望んでたんだ!望んでたのは、誰?もう、観客も、望んでたのが、そのままあるんだよね。

でも…せっかくの、鬱展開ではない、躁展開で、気付く。細かい気付きだろう。ほむらの変身シーンで、魔女の言葉が一瞬出るのだ。

え………そして、魔獣を倒した後に、まだ続く躁展開。幸せの日々の様な中で、気付く違和感。それを探るほむら。気付いてそうなマミのペット?べべに襲いかかる、ほむら。そして、マミとの決闘。結構心苦しいシーンを経て、さやかに促される。‘このままの世界でも良いのではないの?’

 結果、実はほむらが最初から魔女になっていて、悪魔になってしまう。円環の理〜と言うか、ほむらが何回も転生と言うか世界をループした結果、まどかが大きな存在になってしまったのは、TVシリーズでも、ご存知の通りだろう。

この映画では、まどかが2分の1になってしまう。普通のまどかと、円環の理のまどかが、別れ、ほむらが一方を抱きしめて、自分に閉じ込めてしまうのだ。

前は、映画終盤でも、結局、まどかが他の魔法少女を救う事も無いし、ほむらも救われない処で、ボロ泣き。ほむらがこのまま忘れられても、まどかと一緒にいられるほむらでいられれば良いと言う物語だけど、今見たら、彼女にとって幸せなのかもしれないね。前は、とにかく、納得いかなくて、泣いてたけど。劇場で、2回見ても、号泣だったけど、こう言う終わりかたしか、出来ない子なんだって、肯定も、今なら、出来るかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました