僕のワンダフルライフ感想

動物映画

地上波 初放送!(2019・9・27)

試写会で見ました。本放映より早く。有楽町のよみうりホールにて。

最初、旦那さんと行くつもりが、行けずでした………。1人でよみうりホールに訪れる。満席近くで、1人なので後ろの隅に座る。 なんと、私の数列前の人が、ノートパソコンを広げていた。こんなに、鑑賞マナー悪い人は初めてだった。確かに、無料の試写会だ。付き合いもあるかもしれない。だけど、ノートパソコン広げて光で映画を妨げるくらいなら、一生映画見に来ないで下さいと、思った。 試写会なので、店員はいず、試写会スタッフに言いに行くにも、1度席を立ったら席を取られそうだった。 本編入ってからも、数分続いたが、その男は、退出して欲しかった。

物語は、犬のベイリーは赤ちゃん子犬から始まり、お母さんの温もり、匂いで目がさめる。主人公イーサンと出会い、一緒に楽しく生活する。最初のうちは良かった。家族も仲良く、遊んでくれ、平和だった。ちょっとしたイタズラで、コインを飲んだりした。それで、パパを怒らせたら、閉じ込められた。それでも、一緒に寝たくて、イーサンのベットへ。

そんな平和な日々、日常。イーサンが恋をした。とっても良い匂いがして、幸せ。ただ、パパは酷い。パパと別れる時。そして、イーサンとまで………。

別れた後も、イーサンと会いたいと思う。それも忘れそうなほど?、生きる意味を探すワンダフルライフ。途中、虐待と酷い目に遭った。果たして、イーサンと会えるのか?あったとしても、生まれ変わったベイリーをわかるのか?

奇跡が織りなすハートフルストーリー!だが、厳しいシーンも含まれている。

ママをビックリさせるシーンには、猫の遺体。此処は、笑えるシーンなのだが。ただ、猫好きの私でも、不快に思わず、笑ってしまった。よく、犬の習性を捉えている。 そして、最初にはパパのお仕置きで閉じ込められるシーン。また、犬への虐待がある。でも、そんなに酷くはない。どれも明確には描かれていないから。

生まれ変わったベイリーは、イーサンに会いに行き、奇跡が起きた時、号泣してしまった!此れは良い映画だ!と公開しても思ったが、あまり興行的には伸びなかったっぽい。

本日の、金曜ロードショーのツイッターからの、ツイートには、パンフに書いてあるような事しか、書いてなかったので、とりわけ私も追記ないですな…。兎に角、犬目線のカメラワークが特徴の映画かもとは、思える。

今になり、公開中のワンダフルジャーニー(続編)があるから、地上波で流したろうが、本当に良かった。陽の目を見れた気分。 ただ、ノーカットって言ってたが、イーサンが結婚するシーンあった気がする。どちらにせよ、今、公開中のワンダフルジャーニーも、早く観に行きたい。

ワンダフルライフも、おススメです。星5つ。

アイキャッチ画像の犬は、昔描いたイッヌです。作品とは、関係ないのですが、気に入ってるから、載せてます^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました