2008年日本公開おススメ音楽映画『奇跡のシンフォニー』感想

 2007年作品、2008年公開映画。

音楽が奇跡を起す・・・ 究極の、奇跡物語・・・。 
舞台と世界観の広さに、スケールの大きさを感じます。 
 名子役くんは、‘チャーリーとチョコレート工場’などで主役を張る彼です。 素晴らしい、演技ですね。  
 また、ママ、パパ役それぞれも、音楽への名演技を見せます。 さすが、役者さん!と、言った揃い踏みの作品。 
 感動する事、間違いナシですね~(^^) 音楽映画は、ハズレないですね〜。 星5つ!

評価 :5/5。

コメント

タイトルとURLをコピーしました