奇跡のリンゴ(映画)感想-実話の素敵な物語-

3.0
2013年作品


 実話。 何年か前から、無農薬のリンゴが話題になっていたニュースはあったのですが、今ら映画化・・・とも、思いました。 菅野美穂と、阿部サダヲの夫婦の掛け合いに泣くって言うよりも、お爺ちゃんが痴ほう症になるシーンで、お婆ちゃんの事思いだして、大号泣。 介護した事ないと、判らない‘身内が急に自分を忘れる‘辛さなんかを思いだし、涙が止まらなかった。 
 元々のお話は知っていたので、そこまでではなかったのだけど、いい役者さんを揃えて、なおかつ、暖かい夫婦像で、菅野美穂好きで、東北弁に愛着がある私個人としては、作品全体の感動って言うよりも、暖かい感じが良かったかな。 田舎だと、切なかったり、厳しかったりするけどさ、最後は優しいんだよ。 

評価 :3/5。

JAPAN MOVIE『Kiseki no ringo』(Apple of miracle)Impressions

True story. There was news that organic apple became the topic of conversation from the front for some years, I also thought as filming… now. A grandfather is Sean who has dementia rather than crying with a conjugal dialogue of Abe SADAO with Miho Kanno, and a grandmother remembers, and, big crying. The relative who doesn’t find out that there were no nursed things ‘remembered the pain which forgets itself suddenly ‘, and a tear didn’t stop.
I knew the story which is originally, so it wasn’t to there, did I who feels attached to a Tohoku dialect gather Mr. good actor, and prefer warm feeling rather than an impression of the whole work as an individual by Miho Kanno lover by a still warm conjugal image? It’s painful and severe as the country, but the end is gentle.

コメント

タイトルとURLをコピーしました