山崎貴監督作品を語る CG職人

ブログ

 『スタンドバイミードラえもん』について、今年公開の“2”が不評故、映画好き(元映写担当)の先輩と話してみた。 個人の感想であり、メチャくそ山崎監督批判では無いです(*一部批判です) 

あゆきょち
あゆきょち

コケましたよね?スタンドバイミードラえもん2………

先輩
先輩

そうだね

あゆきょち
あゆきょち

結局、『スタンドバイミードラえもん』好評でしたけど、私、みてないんですよ〜

『スタンドバイミードラえもん』もファンの間ではザワついてたよ

あゆきょち
あゆきょち

え?………え?話題だったじゃないですか マジですか?

先輩
先輩

そうね。エンドロール〈エンディングテーマ曲に合わせスタッフロールが出る場面の総称〉のNG集が批判だった様よ。

あゆきょち
あゆきょち

(エンドロールでのNG集?)え?え?そんなので批判あるんですか?

***補足① 『STNAD BY ME ドラえもん』エンドロールNG集問題***

参考→伊集院光 深夜の馬鹿力 伊集院光、『STNAD BY ME ドラえもん』NGシーンがイヤな人の心理を理解「演技ですけどね、と言われるようで」

先輩
先輩

“スタンドバイミードラえもん1”で良いとこ取りしてしまったから、2はもうね…

あゆきょち
あゆきょち

…ですよね。 何で作ったの?って言う。 私は、山崎監督の“ドラクエ”(ユアストーリー)で許して無いですけどね マジで(怒)

先輩
先輩

アレも終わりかたが…あぁ言うのだから、ドラクエオンライン版あるⅩやⅪを舞台にすれば良かったのにね 何でVにしたんだろうね

あゆきょち
あゆきょち

人気取りでやってるんですよね…vが有名だから(…盗作疑惑もあったしな)

***補足② ドラゴンクエスト〜ユアストーリー〜盗作問題***

参考ニュース→「小説ドラゴンクエストV」著者・久美沙織氏が刑事告訴を発表。映画「DRAGON QUEST YOUR STORY」主人公名の無断使用問題で

 ちなみに私のドラクエの感想は此方→『ドラゴンクエストユアストーリー感想』

先輩
先輩

とりあえず、山崎監督は原作に愛は無いからね

あゆきょち
あゆきょち

そうですねぇ… CGや3 Dの普及し始め時代に(邦画では)先駆者みたいに言われてますけど(多分) <アレは忘れもしないオールウェーズ…遠い目>
ルパンザファーストもコケましたね

先輩
先輩

ルパンね 声優の(声撮りが)2年前だったからね

あゆきょち
あゆきょち

作品はね 結構、期待してなかったけど(夫がレンタルして見たら)まぁまぁ面白かった けど、ヒロインが棒読み…

先輩
先輩

仕方ないね 今は演技上手いけど 2年前の声だからね

***③ルパンザファースト 2年前に声収録問題***

 フレスコと言う技法(映画『AKIRA』でもこの方法と、感想でも書きましたが。AKIRAの頃は珍しかった時代の手法でした)で、前撮りの声だけ収録し、絵を合わせて行く方法だが、ヒロイン役の広瀬すずの2年前の声の演技が話題になった。 今なら…いや前からとても役者として上手いとは思うが、声の演技はいやはや、上手くいかなかったろうなと言う印象。棒読みだと言われてたが、その通りだった。記事にはなってないので、ルパンのWikipediaを参照にどうぞ→『ルパンthe first』


ちなみに、私の今年見た『ルパンザファースト』の感想。

さて、メチャクチャ、山崎監督について、CGの先駆者的に言われてきたが、CGで多くの監督作品やってるから、CGについてメチャクチャ語ってる記事もある。

まず、私自身、1番古い記憶の『always 3丁目の夕日』で賞は獲ったらしい。

『VFX-JAPANアワード2013』劇場公開映画部門優秀賞

ITmedia ビジネスオンライン→アニメから実写へ、CGが変える映画監督〜紹介

Zak Zak→“永遠の0”インタビュー

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の挑戦

「TSUTAYA NEWS」→『海賊とよばれた男』公開記念!監督・山崎貴の“意外”な軌跡を追う映画4選!!

「cinemas plus」→ドラクエ映画化コメント

「shuffle」→「SPACE BATTLESHIP ヤマト」山崎貴監督トークセッション ― Autodesk 3December 2010 レポート ―

 フルCG使いまくり!VFX!と言う記事等に対して、過去2017年こんな記事も…『OTOKOTO』→“CGに頼らない”山崎監督の演出


さて、散々、山崎監督作品について語りましたが、個人の感想です。 めっちゃ悪口ではないです。むしろ、always作品は、好きで全作見ました。………まぁ、原作漫画よりも、映画の世界観が良いかと思ったくらいでしたが、always2にてバッチリCG出たとか言う記憶は忘れてますが、always3で確実に覚えてるのは、東京タワーが逆再生で建てられてる様なシーンだったかな。それと、飛行機ね。 always3を私自身見る前に、“always”作品は、戦前戦後生まれの世代に流行った印象です。 映画館スタッフとして働いていた当時も、alwaysの客層はそんなイメージだったし、楽しんで映画を見た。 けれども。CGに冒頭から…3Dでの演出も含めてしたんだが。その出来立ての試写会を年配以上限定…確か60歳以上?シニア限定試写会をしたんだよね。 そうしたら、冒頭で、吐かれたよお客さんに。 まずは、客層がシニア…なのに、何故、3Dでの試写会にしたのか。 シニア世代は早く来すぎる→メッチャ時間あるからご飯食べる→見慣れない3DでのCGで吐く。 試写して数分で試写終了したお客様がいたんだよね。 そう言う事実が、always3の試写の時に伝わってたら…今の監督は考え直したろうか?

 マジで、ドラクエもスタンドバイミードラえもん2もイケる!と思って作ったんだろうか??? 今後は、原作に愛を持って作って欲しいな。作品を。CGじゃなくて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました