息子の部屋

2002.1月レンタル観賞。

救われようとした。“死”に対して。

だが、フランス映画だったか…。 大体のフランス映画は暗い印象。アメリは、例外。 この作品も、また、暗かった。私は、当時見て、救われなかった。

もし、今見たら違うのだろうか…。 星2つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました