映画 宇宙人王さんとの遭遇 感想

2.0
2011年作品

序盤のみ、真剣。でも、所詮、B級映画。 
主人公が、翻訳家で、ワンさんは、宇宙人。王さんは、中国語しか話せない。 
王さんは、友好か侵略に来たのか?果たして…と、言う話しだが、クライマックスにつれて、B級ぽさが、出てくる。 
え?どう終わるの???と、言うドキドキ感なんだが、最後のオチは、見えちゃう。 これは、世界の縮図だ。 中国を、他の国が、どう思ってるか。 
ネタバレ言うと、信じられないに尽きる。

評価 :2/5。

Italia MOVIE『L’arrivo di Wang』impression

Only an early stage is serious. But anyway B movie.
A main character is translatress, Mr. One is a spaceman. Mr. O can speak only Chinese.
Did Mr. O come to the friendship or the invasion? Please kill. If it’s speaking I say with a climax it’s class B looking come.
Oh? How does it end? It’s the pulse-pounding sense which says so, the last omission is seen. This is a reduced drawing of the world. How do other countries think of China?
That NETABARE says, it isn’t believed, I run out.

コメント

タイトルとURLをコピーしました