映画 悪人感想

3.0
2011年作品

実際の所、誰が悪人なのか…。 
犯罪者でも、理由がある。 
犯罪してなくても、理由がある。 
ただ、自分を持たない人に、理由もなく、相手を傷付ける人がいる。 
その人が、悪人かもしれない…。 

この映画の、大切な事を教えてくれるのは、そういう処。 
個人的に、樹木希林さんが好きなので、見てて苦しかったですね。

主演が妻夫木くん、主人公の女に深津絵里、満島ひかりに柄本明、樹木希林等々、周りは豪華俳優陣。 評判の作品だろうけど、ダークな人間の“悪”と言うテーマが暗くてダメな人はダメだろう。

評価 :3/5。

JAPANMovie『AKKUNIN』( bad guy) impression

In fact, who is the bad guy…
Even criminals have reasons.
There is a reason, even if you are not a criminal.
However, there are people who do not have oneself and hurt the other person for no reason.
That person may be a bad guy…

That’s where the important things about this movie are taught.
Personally, I like Kibayashi-san, so it was hard to see.

コメント

タイトルとURLをコピーしました