映画『るろうに剣心』感想

3.0
2012年作品

長く思えた。 
ほぼ、原作通りの人物配置ですね。 
ワイヤー、CGほぼナシらしいですが、ジェット・リーだって、スタント使ってませんもん。 そりゃ、やろうと思えば、出来ますが、日本人でも出来るのですね。 
ただ、あの、風貌でスタントマンと変わっても、気付かないよね。 
本当の処、どうなんだろう。 
恵殿が、美人系なハズが、いまいち。童顔なのか・・・蒼井優で、演技は上手いハズなのに。ニアミスでしょう。 女性陣が全て可愛くない。 
あと…何で、劇中の音楽が、洋楽と言うか、合わない音楽に思えてならない。 
和で、良い音もあるだろうに。 この映画は、るろうに剣心なのにね。アニメのBGMのが、よっぽど良い。

評価 :3/5。

JAPAN MOVIE『RUROUNI KENSHIN』impression

It seemed lengthily.
Mostly, it’s person arrangement on the original work street, isn’t it?
A wire and CG seem to be pear mostly, something for which Stunt doesn’t use jet Lee. Why, when thinking he’ll do, it’s possible, but even Japanese can do, can’t he?
Even if it changes with that look with a stunt man, you don’t notice, right?
A true place and the one how is which.
The croton by which Kei is a beauty course is not completely satisfactory. It’s a childlike face or… it’s the croton which acts well in aoiyuu. It’ll be a near miss.
The back.. why does music of a plot seem in music which doesn’t match whether you say Western music and isn’t it.
The sound which is a total and is good, I’d have that. Though this movie is a sword heart in RUROU. The one of the BGM of an animation is much good.

コメント

タイトルとURLをコピーしました