映画『好きっていいなよ』感想

2014年作品

 レンタル。漫画は完結してないのにの、映画化。 主演は福士蒼汰。 漫画原作をを一生懸命見てたので映画に答えがあるのかと、見た。 まぁ、普通の内容ですよね。漫画は、続いてるし、深い根っこがある。 漫画原作通りをやろうとしたら時間がないので、映画時間内にまとめるしか無いのだけど。この手の恋愛映画は、ヒロイン及び彼氏がイケメンなだけでは及第点が取れる作品なので、この映画もイケメン・福士蒼汰と、可愛いヒロイン川口春奈が出てればそれだけで問題ないのだろう。 漫画が好きな割にアニメ放送は見なかったのですが、アニメはチラッと何かのイベントで見た?海くん演った前野さんが良かった。イメージの上をいった。 映画は、さして、及第点以上の感動はなく、福士蒼汰がカッコ良いだけ。

 原作は、主人公メイが小学生の頃のトラウマで人間関係が、中学生から複雑。支えてるお母さんはシングルマザーだが、いつもメイを支えてる。 高校に入ってメイはクラスの中西に揶揄われ蹴ろうとするが、クラスの人気者でイケメン大和に当たってしまう…。それ以外は、バイトをし、平穏な日々を過ご…いや、メイは不器用で間違って蹴ってしまった大和に‘ちゃんと謝る事’をしてなかった以外は。 だが、その回し蹴りきっかけでイケメンは蹴られた事も無かったので気に入られたメイ。連絡先を渡した大和に、パン屋のバイト帰りに付き纏われた男をキッカケに大和とメイは…って話し。原作漫画は、限りなく“君に届け”に近い。 ただ爽やか系では無く原作漫画根っこは作者も語っているが、自身のイジメ経験等を漫画にしているという。そのせいか、まぁ、イジメのシーンは暗いモヤがかった様なイメージで陰湿でありながら、相手にも理由があるんだよと言うメッセージ性もある。それと、恋愛は勝ち負けでは無いけど、諦めないよ頑張るよと言う前向きさもある。 原作漫画もどう決着が付くか分からないが、本当に楽しみな1作。 その完結してないのにのながらの映画化は多いが、映画はまぁ良かったねで終わるのが1番になるよね。かと言って、加もなく不可もなくだと面白みがないから、爪痕をちゃんと残すべきだけど。この映画は、サラッ〜とイケメンさを出して、キュンとして終わった感で後に残らないだろう。 多くの恋愛映画は、洋画も邦画も含めて、’TVスペシャルで良い‘レベルで終わってはいけないと思うので、爪痕を残して欲しかった。 もう、最近、少女漫画かラノベで誰か死んだ系の映画多いし、恋愛映画が記憶に残らないしで、困る。

評価 :2/5。

コメント

タイトルとURLをコピーしました