映画『127時間』感想

2010年作品

 終わった後に、ほほが濡れました。 
ナゼ?と言うほど、自分では感じた涙でした・・・。 

 賞をとるだけありますね。 人の心に、ズシンとくるのでしょう。 
ただ、それが、自分でどの場面で感じたか、判らないほどでした。 
 自然に、人の心を駆け抜けていった作品です。 

 作品自体は、実話で、127時間、腕を挟まれている男性の話とは、最初から知っていました。 
が、一人の男が、その挟まれているだけで済むのかと、その場面だけで果たしてもつのかと、思っていました。 
 流石、演出、そしてバックボーンがあり、物語の語りは成功しました。 
素晴らしい出来になっていました。 
 明るい話ではないです。 ただ、その人一人の人生が、重みがあるんだな~と、実感した作品でした。 

ちなみに、主人公は、私の一つ上の方でした。 
 カクテルに例えるより、炭酸すべて・・・スプライトとかが飲みたくなりました。 

評価 :4/5。

『127 Hours』impression

After that, my cheeks got wet.
Naze? The more I felt, the more I felt.

 You only get a prize. I think it will come to people’s hearts.
However, I didn’t even know where it felt.
 It was a work that naturally ran through people’s hearts.

From the beginning, I knew that the work itself was a true story, a story of a man whose arms were sandwiched for 127 hours.
However, I was wondering if a man could be caught just by being sandwiched, or if it could be fulfilled only in that scene.
 The story, the direction, and the backbone were successful, and the storytelling was successful.
It was excellent.
 It’s not a bright story. However, it was a work that I realized that the life of each person has a weight.

By the way, the main character was one above me.
Rather than comparing it to a cocktail, I wanted to drink all the carbonated…sprite.

コメント

  1. […] 127時間 […]

タイトルとURLをコピーしました