『見えない目撃者』映画は意外にサイコ!舞台は横浜

サイコ

レンタル。

2019 年作品、池袋の確かヒューマックスの映画館でCMを見て、見たいと思った。 此れは、絶対、面白い!〜と、思ったものの、見れなかったので、レンタル。

 いや、やはり、面白い。逸品だと思う。Wikipediaで調べたら、リメイクだった。邦画でなくて、少し、ガッカリした。 だが、横浜が舞台で知ってる場所ばかりで、嬉しかった。やはり、あぁいうシリアスなスリラーは横浜の伊勢崎長者町辺りが似合う(笑)。 黄金町〜伊勢崎長者町辺りは、‘天国と地獄’(黒澤明監督)で使われた舞台だ。天国と地獄にリスペクトした‘踊る大捜査線’(映画1)で。

 冒頭、厳しい警察学校での訓練でのシーン。 学校卒業する処でなつめは、ヤンチャな弟を車で迎えに行く。“自分が弟を補導なんてあり得ないから(ヤンチャしないで)”と話していた矢先、弟が買ったカウベルが、足元に落ちる。 弟大樹が助手席の自分の位置から取れないから取って!と言う。運転しながら運転から目を離したなつめが取り、目の前を見るとトラックが。 避けたものの、車は横転。トラックの運転手になつめは助けられるが、助手席の大樹は取り残されたまま。 大樹は姉に助けを呼ぶ。何度も何度も大樹は姉の名前を呼ぶが、なつめは「見えない!どこ?」と、視覚が失われていた。 トラックの運転手は、「(車の導火線に火がついた)逃げなきゃ!」と言う。 そして、車は爆破。

それから、何年後か、精神科に通いながら、盲導犬で出かけるなつめ。 夜の道で、車の止まる音が聞こえる。車からは大音量のラジオ。車を伝い、後部座席に近付くと「助けて!」と若い女性の声が聞こえる。 なつめは、彼女の名前を聞き、無事かと話しかける。 その時、運転手は戻ってきてなつめは話しかけるが、運転手は無視。 車は立ち去ってしまう。 その事を、警察に話すが、伊勢崎署の刑事はなつめの盲目と、精神科の通院に不信感を示す。 ただ、去り際に「もう1人、目撃者がいるんだ。」とのヒントに刑事も調べてみようと動く。 

 もう1人目撃者は、男子高校生。春馬はスケボーに夢中で、‘普通’を過ごそうとする高校生。 なつめと同じ車を見た時、スケボーの練習場から出た春馬は、車にぶつかりそうになっただけ、車には誰も居なかったと話す。 なつめは納得出来ず、春馬の元を訪れる。春馬に、事情を聞いてる内に、後部座席で女の子が蹲っていたらわからないよね?運転手と何を話した?と聞く。 春馬は、運転手からお金を貰ったんだと話す。なつめは証拠品として、お金を預かり、再び、伊勢崎署を訪れる。 その時にまた、信じられない刑事だが、盲目だからこそ、嗅覚が鋭くなり、刑事の年齢と昼ご飯を当てる。 吉野と木村刑事は、いよいよなつめを信じてきた。 それをたまたま、同じ伊勢崎署の刑事が、“なつめを同期だった”と告げる。

 なつめは、どんどん、事件にのめり込む。その内、男子校生の春馬も巻き込まれ、なつめのひたむきさを見て、協力する。 誘拐だとしたら、72時間以内が要でそれ以上過ぎると死ぬ確率が上がると話した。 後部座席のまだ見ぬ彼女は、刑事の面からしたら補導歴があるかも検索。なつめは、春馬の協力を経て卒業アルバムを売る業者に「その名前は源氏名ではあ。」と。 PCの風俗サイトで、そのレイサを検索、3人がヒット。内、1人が未成年者で、紹介動画あり。なつめは、その子と誘拐された子の声が似てると。

風俗(デリヘル?)に行き、そのレイサ…実際にはレイと同じ境遇の女の子に話しを聞けた。レイもその子も、家族から無関心にされ、家出をした。そう言う少女を救う金持ちかなにかの救済する人を皆、“救さま”と呼んでいると。  救さまと思われる風俗斡旋の男にたどり着き、家宅捜査の様に刑事を呼び、家に乗り込む。〜が、犯人とおぼしき人物は居ない。 だが、なつめは、カップ麺が温かい事でまだ、犯人が近くに居ると。そして、盲目で聴覚が敏感な事から、犯人を見つける。 逃げる犯人。春馬と刑事のファインプレーでその男を捕らえる。だが、彼はもう、女の子斡旋をやめていた。

 再び、犯人探しをしていると、春馬は車に襲われる。スケボー片手に逃げる春馬。春馬は物陰に隠れたが、物ごと車に何度もぶつけられる。車は対向車が来たので逃げた。 春馬は病院に運ばれたが、なつめは、もう事件に関わるなと言う。春馬は語呂合わせで覚えていた車のナンバーから、犯人が捕まえれると言うが、なつめは、意気消沈。病室を出る。納得いかない春馬に、刑事は、なつめが弟を車の事故で亡くしたと告げる。

 刑事達は、車のナンバーをヒントに犯人を割り出すが、現地に行くと、既に死んでいた。そして、その犯人のアジトの庭に何人か女の子の死体が見つかる。それぞれ、体の部位を切り取られていた。 春馬の最初になつめに預けたお金の指紋とも一致し、犯人確定。

 だが、なつめは納得がいかず、音声認識のPCで切り取られた部分を検索。六根清浄とは、
欲や迷いを断ち切って、心身が清らかになること。(「六根」は私欲や煩悩、迷いを引き起こす目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官をいう。)「清浄」は煩悩や私欲から遠ざかり、清らかで汚れがない境地。略して「六根浄」ともいう。 切り取られた器官を犯人は何に使うのか。そう、切り取られた器官は出てこず、真犯人が居るのでは?と、なつめは気付く。 その電話をもらった刑事は、その六根清浄で調べ、似た様な殺人を見つけ、当時の事件を担当した刑事に会いに千葉へ。 真犯人は、居るのか?そして、盲目のなつめは、犯人から逃げられるか?絶交状態の春馬とは???スリラー&ホラー&サスペンス! 実に叙々にグロいシーンも出てきて、劇場は、阿鼻叫喚に変わる………。

主演は、なつめを吉岡里帆。春馬を高杉真宙。監督は、“重力ピエロ”等の森淳一。この映画にピッタリな主題歌は、みゆなと言う新人歌手が務める。 あまりにも、キャスティングと言い目立ってる点は無いのかと思うが、原作は韓国映画’ブラインド‘であり、日本風にかなり小物を駆使して(聴覚障がい者には馴染みのある小物かもしれないが)楽しめる作品である。 主演の吉岡は本当に盲目と信じさせる説得力のある演技。また、春馬を演じる高杉はひたむきで純粋な、それでも今時の様な男子校生を演じている。 盲導犬も賢く、可愛い。 点字ブロックの大切さ、音声認識PC、スマホ。大事なアイテムは沢山出てくるが、犯人の印として、聴覚が過敏になったなつめのヒントに時計、また、見えるはずのない景色が、触覚により、想像力で道が見えたり、車を感じたりする。 其れを武器に、亡くした弟のカウベルの音で犯人を知る事が出来る。 伏線回収はバッチリ推理劇もしっかりしていて、リメイクを感じさせない。 原作の韓国映画は、賞を獲っているが、この作品だって、難しい役と脚本の素晴らしさで負けないと思う。 ただ、終盤にかけてグロすぎるので、賞を逃したのか? いや、本当に、2019年のグロい邦画賞をあげたい(いや、演技や監督や脚本にも賞をあげたい)。まさに、エンターテイメント!星5にしたいが、世間的には、4.5以下?

ロケ地

横浜市の伊勢崎署と言う名前が頻繁に出てくるので、横浜市であるが、実際、春馬が通っていたスケボーパークの様なものは、伊勢崎長者町付近にない(室内のスケボー場はあるらしい)ので、スタジオに作ったのであろう。 実際、伊勢崎署と呼ばれる‘神奈川県伊勢崎警察署’は、存在する。 私も、区内に住んでいた時に、深夜チャリに当て逃げされて翌日言ったが、警察官に私の狂言の様に言われたので、忘れない。神奈川県警とは、そう言う感じだ。 劇中でも春馬が「警察が市民を守るのではないのか?」と問うが、全く持って、同感である。

 唯一、地元民でピン!とわかるのが、最初の‘救さま’と思われた女の子斡旋をしていた男が住む古いマンションの近くで逃げ回る場所が、野毛近くの水商売街だ。 ここの建物一帯が、未だに各国のBAR等並ぶ水商売の店が軒を連ねている。日本の珍百景に入れたいくらい、本当にいろんな国の水商売の女達がいる。 その最初に犯人と思われた男が、その建物から、大岡川に飛び込もうとするシーンは、ハッとしてしまう。 汚い川だからだ。地元民でも、決して飛び込まない。

 まぁ、とにかく、何故か横浜から東京越して千葉にかけての土地設定が、監督のやりやすいロケ地だったのかもしれない。

 この映画は凄い!おススメ出来る。グロいのが、平気であれば。

Invisible witness(Japanese movie)

Current:Blind(Korean movie)

STORY:

At the beginning, a scene from training at a strict police school. Natsume picks up her younger brother by car when she graduates from school. The cowbell that my younger brother bought fell into his feet as he said, "I can't guide my younger brother (don't do it)." Take it because my younger brother Taiki cannot get it from his position in the passenger seat! Say While driving, Natsume who took his eyes off the driving took it, and when he looked in front of him, a truck appeared. Despite avoiding it, the car rolls over. The driver of the truck can help his eyelashes, but Taiki in the passenger seat is left behind. Taiki calls on his sister for help. Taiki called her sister's name over and over again, but Natsume said, "I can't see! Where?" The truck driver says, "I have to run away (the car's fuse was lit)!" Then, the car exploded. Then, some years later, while going to a psychiatry, Natsume goes out with a guide dog. You can hear the sound of a car stopping on the night road. A loud radio from the car. As I drove along the car and approached the back seat, I heard the voice of a young woman, "Help!" Natsume listens to her name and talks if she is safe. At that time, the driver came back and talked to Natsume, but ignored the driver. The car will leave. I told the police about that, but the detective at the Isesaki station showed a distrust of Natsume's blindness and psychiatric outpatient visit. However, when I left, I moved to try to investigate the detective with the hint that there was another witness The other witness is a male high school student. Haruma is a high school student who is absorbed in skateboarding and tries to spend'normal '. When I saw the same car as Natsume, Haruma who came out of the skateboard practice range said that there was no one in the car just because it seemed to hit the car. Natsume is not convinced and visits Haruma. When you ask Haruma about the situation, you don't know if a girl is in the back seat. What did you talk to the driver? I hear. Haruma says he got the money from the driver. Natsume kept the money as evidence and visited the Isesaki station again. At that time, again, he was an incredible detective, but because he was blind, his sense of smell became sharp, and the age and lunch of the detective were applied. Detective Yoshino and Detective Kimura have finally believed in Natsume. By chance, the same detective at the Isesaki station tells me that Natsume was in sync. Natsume is more and more absorbed in the incident. Among them, Haruma, a boy's school student, is also involved, watching Natsume's dedicatedness and cooperating. I said that if it was a kidnapping, it would take 72 hours or less, and the probability of dying increased if it was exceeded. Girlfriend, who hasn't seen the back seat yet, searches for a history of guidance from a criminal perspective. Natsume told a dealer who sells graduation albums with Haruma's cooperation, "The name is Genji." Searching Reisa on the website of personality of PC, 3 people hit. Among them, one is a minor and there is an introduction video. Natsume said that the voice of the kidnapped child was similar to that of the child. I went to the customs (deliher?), And that Reisa … Actually I could talk to a girl who was in the same situation as Rei. Both Rei and the child were run away from the family by being indifferent. He says that everybody who saves a girl who says something like that is called a "savior". I arrived at a man who acts as a helper who seems to be a rescuer, called a detective like a house investigation and got into the house. There is no one who seems to be the criminal. However, Natsume says that the criminals are still nearby because the cup noodles are warm. And he finds the criminal because he is blind and sensitive to hearing. Escaping criminal. Catch the man in the fine play of Haruma and the detective. However, he has already stopped acting as a girl. Haruma is attacked by a car while looking for the criminal again. Haruma who runs away with a skateboard. Haruma is hiding behind the scenes, but every thing gets hit by the car many times. The car came oncoming and ran away. Haruma was taken to the hospital, but Natsume says he will no longer be involved in the incident. Haruma says that the criminal can be caught from the number of the car that he remembered from narration, but Natsume is depressed. Leave the hospital room. To Haruma who is not satisfied, the detective tells Natsume that his younger brother had died in a car accident.The detectives use the number of the car as a hint to identify the criminal, but when he went to the site, he was already dead. Then, some girls' corpses are found in the criminal's garden. Each body part was cut off. ――The criminal was confirmed by matching the fingerprint of the money deposited at the beginning of Haruma. However, Natsume wasn't convinced and searched for the part cut out by the voice recognition PC. What is Rokkon Purification?
To clear the mind and body by cutting off greed and hesitation. (“Rokune” refers to the six organs of the eyes, ears, nose, tongue, body, and will that cause greed, anxiety, and confusion.) “Purity” is a clean, clean state that is kept away from anxiety and greed. For short, it is also called “Rokune Jyo”. What is the criminal using for the cut organ? Yes, the cut off organ does not appear, and there is a true criminal? Natsume notices. The detective who got the call went to Chiba to find out a similar murderer by investigating with Rokune Jyuji and meet the detective in charge of the case at that time. Is there a true criminal? And can the blind Natsume escape from the criminal? What is Haruma in a broken state? ? ? Thriller & horror & suspense! There were some really gloomy scenes, and the theater turned into a scream ……….

コメント

タイトルとURLをコピーしました