青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(映画)感想

アニメ感想

初日に行きたかった…! 兎に角、もうグッズやパンフ(特別版)もなく。

 久々に見た映画ですが、始まった途端、深夜アニメのテンションに持ってかれる。

あぁ、そうだな、こんな感じだった!と思い出させる世界で。唯一違うのは、沢山の他人であり、ファンと共有していると、言うこと。 深夜アニメが今は主流だけど、元は深夜アニメなんて数十年無かった訳で。

 そのくだりを書くと長くなるから、置いとく。

 “青春ブタ野郎〜”はギャグでもない、恋愛でもない…訳でもないが、至って真面目と言う雰囲気を壊さない。深夜アニメ見てた時からドキドキで、少し大人な展開かなぁと言う言い回しだったり(主人公のエロさ加減が)、雰囲気を持つステキな作品。

 もちろん、流行りの‘美少女に囲まれる主人公のドタバタ劇’と言う構図はあるんだが。 兎に角、他を逸脱して真面目な作品と見れる。

それは、原作者の真面目さで、主人公のまっすぐさが出てるし、演者さんが真面目に演じておられる。そこが好き。

 さて、そのくだりも書くと長くなるから、置いておく。

置いておく事が多過ぎると、魅力が伝わらないかと思うが、いや、違う。とりあえず、作品を見て欲しい。本当にこのテレビシリーズ、感動モノだから。ラノベの小説のアニメ化は中身がない事多いけれども。二期になっても、ただのドタバタだけで終わる中身ない…山なしオチなし意味なしのヤオイだ。

〜また話が戻ってしまった。

だが、テレビシリーズのアニメで予習はすべきだ。

映画見終わってから、軽いアニメの感じで見てた人は‘相対性理論とは?’と分からなかったらしい。難しいアニメでもないが、‘思春期症候群’と言う奇病を受け展開される物語は、時に過去に戻ったり、同じ時間軸を繰り返したり…それはテレビシリーズで慣れてて貰いたい。

 冒頭から引き込まれる世界観。これは、見事だ。そして、何回か見たくなる。そう、ストーリーが難解なだけに。

 今回の映画は驚きが色々だ。衝撃のシーンの後は、涙が止まりません。

ただ良いだけではなく、‘過去との決着をつける’という事、二者択一で迫られた時にどうするか、悩み苦悩し、優しさと優しさでぶつかり合い、そして、悲劇。そこからの回帰。出来るだろうか?と何度も思う。時が戻れば…そう、この物語は、‘思春期症候群’奪還する術はあるハズ。 期待だが、物語の中で不安になる。

 そして………結末。最高でした。上手くまとめた。

ありがとうと言う想いと、感動で泣きます。

 また、EDはテレビシリーズと同様ですが、また深夜のアニメを思い出す。

そう、これは原点回帰かもしれない。そして、忘れてはいけない物語。

コメント

タイトルとURLをコピーしました