3D彼女リアルガール【映画】感想

また、中条あやみ!

ここ最近の、恋愛もののヒロインは中条あやみしか、ないのか?

私が思うに、今、芸能界も人手不足なのかな?と。ブロガーや、ユーチューバーすら、TV出る時代ですし…?

それはそうと、期待してなかった。

原作漫画→アニメからの映画を見た。もちろん、最近、レンタルしてた。

劇場で見に行く程ではないのでは?と思った。原作ファンでも無い。

ただ、原作漫画は面白いけどね。

 感想は…原作に忠実だとは、思う。

主人公のつっつんが、お菓子作りしたキッカケは端折ってはいるが。

仲間もすんなり、出てくるし、終盤に向けて、つっつんの推しのキャラが良い味出してる。

つっつんの役者さんは知らないけど、この映画の為に、太ったみたいに聞いた。

だが、漫画もアニメも太ったヲタクキャラじゃ無いんだけど。わざわざ太ったなら、太らなくて良かったよ。

ヲタクのイメージは今やデブじゃなく、ガリ痩せだったり、ヲタクながらに筋トレしてるなどの昔ながらのイメージは無いよ。

とりあえず、ベタな上にベタなシーンでベタに終わったんだけど、なんか…泣いた。

ヲタクなら、泣いてしまうかも。ヲタクからの脱却、リアルの恋。

あぁ…こう言う人生!みたいなのを見ると、泣く。

個人的につっつんの推しのキャラ、エゾミチの声が神田沙也加だと知り、納得。

まぁ………ベタに泣きたい人は、見て泣ける。

中条あやみは、よく見なくても、可愛いが、まあ、映画の撮る人によって、また、可愛くもあり、凄みも出よう。ニセコイも見るべきか?

映画「3D彼女 リアルガール」/DVD/VPBT-14795posted with カエレバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました