シリアス

2018 年作品

『ボヘミアンラプソディー』映画 感想(2回目)

前回の感想は此方…→『ボヘミアンラプソディー感想』 〜うん、なんとも簡素でした。語彙力ナシ…。  今回は、夏に、何度も書くが、レコーダーを夫が新調し、BSがちゃんと映る様になったので、1ヶ月?1週間?無料放送分のBSで散々、映画を録...
2019年作品

中国70周年記念作品『愛しの母国』感想

 世間はTIFF(東京国際映画祭)ですが、1人、中国映画70周年オムニバス作品を観てきましたよ。  2020.10.30〜 チェン・カイコー総監督作品『愛しの母国』です。 また、11月6日〜チャン.イーモウ製作総指揮『愛しの...
2016年作品

『ロストバケーション』映画カモメ×ヒロインのサメ映画

ロストバケーション あらすじ 冒頭、海岸で拾い物をする少年。ヘッドギアに付けてたカメラが気に入り、中身を見ると、陽気にサーフィンをする青年たち。その後、何かに襲われてる映像。 医学生のナンシーは、亡き母の教えてくれた秘密のビーチへ...
シリアス

映画スタンドバイミーは何度見ても良いと言う感想

何十年ぶりかに観た。今年、BSかCSで放送あったらしいが。 レンタルでもなく、人からもらった。 本編後に、特典映像を見たら、キャストが、オーディオコメンタリーを映画を見ながらするのがあり、何回も映画見るの?と、途中までしか見てない。 その...
アクション

スノーロワイヤル感想・イカす復讐劇!本国では低評価だが?

レンタルにて鑑賞。 復讐劇とは思えない、カッコ良くも渋い音楽、そして故人を弔う墓標の様なタイトル文字。  最初、主人公が親子と仲良くも派手目な事はせず、慎ましく生きてきたと判る微笑ましいよなシーンから。 家族、仲良く、除雪作業...
2013年作品

探偵はBARにいる2ススキノ大交差点 感想

旦那さんと観てきました♪ 笑いあり、涙あり、エロ(前回より多い!)あり。 個人的には、1より、東北弁(北海道弁?)が増えてて良かった。 1は、大雪のシーンが多い割には、方言を感じさせなかった。 冒頭から、大泉さんの笑いをとるシーンがあり、...
2012年作品

映画レ・ミゼラブル 感想 感動の大ヒット!

2012年映画。個人的に、映画館で働く者として、エンドロールの手前から、扉の開閉の為に、チェックに入ってたら、ハッピーエンドだと思ってました!が、長く感違いしてた私が恥ずかしい(>_<)!!!これは、'悲劇'なのだ!と。 同時...
2011年作品

映画 探偵はBarにいる 関係者試写会感想

☆配給会社を越えた配給会社以外での『探偵はBarにいる』試写会。 主演のご本人 大泉洋さんもいらっしゃり、試写会後に質疑応答に応じてくれました。 此れは、流行る?ニヒルな大泉洋を見るなら『探偵はBarにいる』!
2010年作品

映画『127時間』感想

 終わった後に、ほほが濡れました。ナゼ?と言うほど、自分では感じた涙でした・・・。  賞をとるだけありますね。 人の心に、ズシンとくるのでしょう。ただ、それが、自分でどの場面で感じたか、判らないほどでした。 自然に、人の心を駆け抜け...
2011年作品

映画 悪人感想

実際の所、誰が悪人なのか…。犯罪者でも、理由がある。犯罪してなくても、理由がある。ただ、自分を持たない人に、理由もなく、相手を傷付ける人がいる。その人が、悪人かもしれない…。 この映画の、大切な事を教えてくれるのは、そういう処。個...
2011年作品

映画『ジーンワルツ』感想

海堂先生の作品を見る3作目。 ‘チームバチスタ~’‘ジェネラル・ルージュ~’と、全く違うので、医療ミステリー要素は、あまりない。 ただ、原作者が何時も言いたい医療機関に対しての、厳しい現状、変えていきたい事が、盛り込まれている。  ...
シリアス

息子の部屋

2003.1月レンタル観賞。 映画『息子の部屋』感想 救われようとした。“死”に対して。 だが、フランス映画だったか…。 大体のフランス映画は暗い印象。アメリは、例外。 この作品も、また、暗かった。私は、当時見て、救われ...
シリアス

映画『ぽっぽや』感想

1999.6.28 家族で映画館で。 映画版『ぽっぽや』感想 高倉健の代表作の1つだろう。純粋な、純粋な主役。 其れは、“幸せの黄色いハンカチ”を思わせる様な世界だった。  浅田次郎の代表作の1つ。浅田次郎は、そう言う系...
1997年作品

HANA-BI(映画)感想

1999.3.29 後にも先にも、北野武作品を見たのが、HANABIが初めてだと、思う。 衝撃!の作品。北野武の、監督としてではなく、俳優としての作品は少し、見たかもしれない。北野武自身、ビートたけしとして、バラエティー番組の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました