洋画

1982年作品

金ロー『E.T.』感想

 スピルバーグの代表作!『E.T.』!!!懐かしいぃぃぃ。夢と希望が沢山詰まった7、80年代の映画は夢が詰まってる。  少年エリオットが宇宙人ETと出会い、友達になると言う分かり易いストーリー。だけど…このETは怖い。見た目が怖……...
2019年作品

『THE DARE -理由なき監禁-』感想

いやいやいやいやいや、まずタイトルで検索しても出辛い!!!カタカナだと“ザデア”。〈英語)タイトルで‘ザ・ディアー’→親愛なる?かなと、思ってしまった。タイトルうろ覚えで見たから。 私がレンタルしてたら、タイトルのジャケット読めば書いてあ...
サイコ

ハッピーデスデイ3制作中!

☆人気のホラー映画『ハッピーデスデイ』の3が製作中のニュース!!!新タイトルは、『happy death day toUS』デス!楽しみな中、ハッピーデスデイ1、2の感想をおさらいしました。3も楽しみ death!…です。
2013年作品

『死霊館』感想 死霊館シリーズ1の映画感想

☆大人になってから初めて“ホラーのシリーズもの”を見ました。たまたま、BS体験無料で放送していた『死霊館』。死霊館1があってからの、スピンオフ作品、アナベル映画もあり、死霊館1は見とくべきかと思いましたが、設定は文字にすると複雑です。 見所は、神父では無いのに除霊をしようとする主人公!注目です。
2014年作品

『アナベル 死霊館の人形』感想 実話が元アナベル映画

死霊館シリーズ、シリーズ初で見る作品。2014年作品。 冒頭は、アナベル人形が、ウォーレン夫妻に預けられるシーンから。  時は遡り、1970年代初頭教会にて、礼拝をしている夫婦。お隣のフォーム夫婦とは仲良くしていて、教会でも会...
2010年作品

私とホラー映画〜馴れ初めHOUSEから死霊館迄〜

レコーダー新調でBS視聴チャレンジ スターチャンネル2で視聴。 レコーダーを新調し、BSが映る様に微調整(マンションは衛生チャンネル契約済だが、TVから上手く前のレコーダーだと繋がらず、分配器も購入)。 お試し期間2週間で、多くの映...
2018 年作品

『死霊館のシスター』感想

冒頭、死霊館のダイジェスト。 時は遡り、1952年ルーマニア カルタ修道院。修道女が、廊下を渡り「本当にやるのですか?」ともう1人の修道女に尋ねる。 1人が何か、悪魔?のいる処に乗り込み、戦った様で、もう1人の修道女に十字架?を託す。 「...
2016年作品

『ロストバケーション』映画カモメ×ヒロインのサメ映画

ロストバケーション あらすじ 冒頭、海岸で拾い物をする少年。ヘッドギアに付けてたカメラが気に入り、中身を見ると、陽気にサーフィンをする青年たち。その後、何かに襲われてる映像。 医学生のナンシーは、亡き母の教えてくれた秘密のビーチへ...
2000年作品

コヨーテアグリーあらすじ・紹介

昔の、映画説明イラストが出てきて、恥ずかしいが掲載する。 coyote ugly funart  …感想は、次のページへって書いてあるが、結局、書かなかった模様。このMEMO、よく嫁いだのに出てきたな。実家の整理してて、少しパ...
2017年作品

キングコング〜髑髏島の巨神〜の感想

地上波、初放送!フジテレビ、土曜プレミアム。土曜ではなく、今日録画で見た。 キングコングは昔ながらの作品で、見た事があった。 何度となくリメイクも作られてるが、当時は(1作目ではなくカラー版になって物心ついた頃くらいの作品)観に行か...
1980年作品

『シャイニング』感想 久々の地上波放送!

 1980年作品。私は、高校生の頃に“授業”で、暇があり、教師が授業時間の間だけ、流してくれた。 その時に、本当に怖くて怖くて。 だが、途中の風呂場のシーンで、美女が全裸だが、モザイクが大事な部分にかかっていた処で、萎えた。 そんな思い出...
コメディ

天使にラブソングを 社会現象を巻き起こした映画

☆未だに人気コメディーの定番、天使にラブソングを。修道女達が聖歌隊のセオリーを覆した作品!
アクション

ザ・フォーリナー映画感想

☆2017年作品の映画ザ・フォーリナーは、何故、日本では2019年公開となったのだろうか。2017年にカンフーヨガと同時期の作品でも、テイストがあまりにも違う。 アジア人の復讐劇は、格好良さはなく、孤独と・憎しみしかなかった。 解決はするが、真面目にテロを淡々と見たい人にはお勧めの映画かもしれない。
サイコ

ハッピー・デス・デイ2U感想2度目もボロ泣き

朝、起きると、夫が“happy death day2U”を見ていた。(以下、会話をイラストで。ゆう→妻/たつ→夫) ゆう それ、面白いでしょ たつ 面白いね レンタルで、ハッピーデスデイを借りて、面白くて、す...
B級映画

Summer of 84あらすじネタバレ・感想

キター!B級映画の定番の様な作品…。 80年代の雰囲気バッチリに始まりました! 出だしが“どんな街にも闇はある”と言った様な主人公のセリフ…‘誰も表面だっては解らない”と言うありきたりなセリフ!から、少年“4人”(主人公、イケメン面...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました