documentary of AKB48to becontinued10年後、少女達は今の自分に何を思うだろうか?感想

3.0
2011年作品

 人物が判らない人への、入門版。 

彼女たちの1年を追った作品。 だが、ここまでの軌跡を、ファンの、あのスタジオの空気の感じが出ているだろうか? 

 たかみなが凄いリーダーシップの子だと、感心した事。 まゆゆが可愛かった事。 

でも、AKB全てが可愛い子ではないのね。 存在感や、キャラクター、秋元氏の思う処は、判る。 

一番すごいのは、氏の目指す処か。 

 一番印象に残ったのは、‘夢はかなう’。 

私も、頑張ろうと思った。 

 少女たちよ、永遠なれ。 

お酒には例えられないので、ウーロンティーで。 

評価 :3/5。

JAPAN MOVIE『documentary of AKB48〜Ten years later,the girls are now What do you think?』

An introductory version for those who do not know the person.

A work that followed their year. However, do you feel the air of the studio of the fans in the trajectory so far?

I was impressed that Takamina was a child of great leadership. Mayuyu was cute.

But not all AKBs are cute.  You can understand the presence and character of Akimoto.

The most amazing thing is where he aims.

 The most impressive thing was that the dream came true.

I also wanted to do my best.

Girls, be forever.

You can’t compare it to sake, so use oolong tea.

コメント

タイトルとURLをコピーしました