Fate/Heavens Feel Ⅲ spring song(2回目)感想

2020年作品

劇場で、初回見た時の感想↓

『Fate/HF Ⅲ感想』(姉妹愛とかについて)

 いやぁ、去年2020年の、半年前くらいに劇場版。そして、満を辞してディスクですね?

レンタルもしてた中、朝起きたら、終盤辺りを見る旦那さんが。 私も、見た。

 いやぁ、映画を、昨年観た後も、映画館スタッフとして何度も、本編チェックしたんですが、映画の視聴の時より、ランサーVSセイバーの戦いとか忘れてて、記憶の彼方にいましたよ。 作品が、長く感じたから。朧げだった。 セイバー戦で操られてるとは言え、黒セイバーと戦うシーンが苦しかったし。マジで泣けるレベルだった。不本意とは言え、士郎がセイバーをやるシーン、悲しい。

 終盤は、やはり推しの遠坂が尊いんですよ。剣を持つシーンカッコ良い!

ただ、相変わらず見ても、この映画は辛いし、ユーフォが得意としているシーンとかダメです。えぇ。触手キモい。 

そして、桜が終始、ワガママだよね〜とも思う。 それがまぁ、妹特権かもしれんが。

 さくらの、‘私がねぇさんの迎えを11年待ってた’と言うシーンで、如何に自分が辛かったか語るけど、まっったく、姉の凛が痛みを伴わないで生きてると想像してた事がクソだと思う。自分の事ばっか。

 遠坂だって、映画序盤から、宝珠使えたのをさくらに見せてたし、相当努力してないわけないのに。想像力ない妹だねと。

 それでも、全然…懲りずに、痛みを自分だけと思うさくら。たしかに11年蝕まれてきた事は、想像以上に辛いけど。凛が言う様に「今は痛くないんでしょ?」と、その映画の一連では辛くなかった筈。 逆にさくらが、聖杯戦争に参加してしまい、闇落ちしたから悪化したターンでしょ。

そう、言うには酷過ぎるお話しなのも分かってるけどね。

 ずっと辛いし、凛が、冷静だと言いつつも、さくらを刺せないのも涙する…。

イリヤが亡くなるシーンもね。

 ただ、映画館で見た時は、ただただ辛かったケドさ、遠坂死んだかと思って、声にならない声で、泣くのを押し殺したケド泣いた。 ディスクで家のTVの大きさで見ると幾分、マシに見えた。 最期は、NEW史郎と歩き出す描写もね。

 劇場で見た時は、憤慨と悲しみで良くないよ、こんな作品と言ってたけど。あとから考えると、まぁ、冷静に見れた。2回目見ても、星4くらいだった。

評価 :4/5。
FateHF ⅢBD

FateHFⅢ アニプレックス(BD) ¥8.046- Amazon(https://amzn.to/2PTaAwe)↑

楽天books

楽天books(https://a.r10.to/hMBdzz)

コメント

タイトルとURLをコピーしました