HANA-BI(映画)感想

1997年作品

1999.3.29

後にも先にも、北野武作品を見たのが、HANABIが初めてだと、思う。

衝撃!の作品。北野武の、監督としてではなく、俳優としての作品は少し、見たかもしれない。北野武自身、ビートたけしとして、バラエティー番組の頂点として、君臨する。 私が、フランスに訪れたこの時に、北野武の看板がフランスにデカデカとあったのを、思い出す。

怖い映画に思うだろう…CMを見てない人は。どうせ、北野武だ、バイオレンスなのだろうと。その通り、バイオレンスだ。

 ただ、其処には、妻への愛があり、愛がある。泣けるだろうか?苦しいだろうか?ただ、バイオレンス部分が濃すぎる北野武映画だから、其方の部分は印象に残るかと言われたら…。 確かにエンターテイメントな世界。泣かせにきて、アクションがあって、切ない。愛があるが、其処に皮肉った笑いがあるだろうか。 バイオレンスが苦手なので、星3つ。

評価 :3/5。

MOVIE『Fireworks』(Japanese『HANABI』)Impression

Takeshi Kitano Movie

I think that HANABI is the first time to see Takeshi Kitano’s work both before and after. Impact! The work which is so. A little, a work as an actor, not Takeshi Kitano’s director may be seen. Takeshi Kitano reigns as a climax of a variety program as himself and Beat Takeshi. When I visited in France, it’s remembered that Takeshi Kitano’s sign matched detective deca in France.

Violence work.

Love to Tsuma is there, and there is love. Is it touched? Is it painful? If a part in sonohou says whether you make an impression… because a violence part is a too thick Takeshi Kitano movie. The world which is an entertainment for certain. I come to make them cry, and there is an action, and it’s painful. There is love, but is there a laugh cynical there? Violence isn’t liked, so 3 stars.

タイトルとURLをコピーしました