2004年映画感動作品 映画『世界の中心で愛を叫ぶ』感想

2004年作品

2004年作品(2004.5.8公開)。2004.5/19鑑賞。

泣くの必死な作品。

この映画で、森山未来や長澤まさみの存在を知る。 若い役者は、覚えられないのが常だったが、森山未来の透明感のある様な、純粋な演技が忘れられない。

 映画セカチュー(世界の中心で愛を叫ぶの略)を見てから、原作やドラマに触れようと思ったが、なかなか、映画だけで、満足であった。 主題歌を平井堅が歌うが、其れも話題になった。平井堅の力強い唄声が、この作品にマッチする。号泣必至。

 この映画の後には、似た様な作品が溢れる。病気のヒロイン、病気を支える男の子。あまりにも、この構図が多いが、このセカチューが、走りであろう。

 映画のヒロインも、若くして、白血病にかかる。主人公サクが、大人になった時に、振り返ると言うのも、含まれてるが、サクの高校時代、付き合ってた彼女との話しが主軸。サクは、森山未来。 純粋な恋愛劇に、彼女の病気という闇が訪れる。 ただただ、純粋に願いを叶えようと行動をするが、最期は‘誰か助けて’と頼る。 ソレは、とても悲しく切なく美しくも映る。そして、号泣。 純粋な物語。

星4つ。

評価 :4/5。
ポップコーン Amazon全商品検索⭐︎

JapanMovie『sekaino-cyushinde,aiwosakebu(Crying Out Love, in the Center of the World)』impression

2004 work (released May 8, 2004)

A desperate work to cry. Through this movie, I learned about the existence of Mirai Moriyama and Masami Nagasawa. It was always difficult for young actors to remember, but I will never forget Mirai Moriyama’s transparent, pure acting.

After watching it, I thought about touching on the original story and the drama, but I was quite satisfied with just the movie. The theme song was sung by Ken Hirai, which also became a hot topic. Ken Hirai’s powerful singing voice matches this work. Inevitable crying.

After this movie, similar works abound. The sick heroine, the boy who supports the sick. There are too many compositions like this, but this sekachu is probably running.

The heroine of the movie also gets leukemia at a young age. The main focus is on talking to the girl he dated when he was in high school, although it also includes the story that the main character, Saku, will look back when he grows up. Saku is Mirai Moriyama. The darkness of her illness comes to the pure love drama. He simply tries to fulfill his wish, but in the end he asks ‘Someone help me’. “It looks very sad, sad and beautiful.” And crying. “A pure story.”

コメント

タイトルとURLをコピーしました