マイケル・ムーア監督2007年作品『SICKO』感想

2007年映画。

 何とも、日本人全員に見て欲しいです。 

 賞は、取ってないけど(取らせないのか・・・)、マイケル・ムーアが挑む、アメリカのドキュメンタリー(ジャーナリスト)映画です。 
 内容は、  
 ・保険 
 ・医療について 
 ・貧困と富裕層 

 ヨーロッパや、キューバは、医療費がタダです。 国によっては、大学までタダ。 そうゆう、事実。 

 一方、アメリカでは、医療費は、バカ高い。 保険は、入れない。(審査が多くて、断られるケースが多い。) 富裕層にしか、優しくない国・・・。  
 小泉前総理も、それと同じ政策をしようとしようとしてたって、知ってますか? ‘富裕層のみ、幸せな国・・・’金持ちじゃないと、お医者さんにかかれない。=貧乏人は、生きる義務もない=死ね・・・と~そう、言ってる様な国。 

それが日本でいいの?アメリカがお好き?カッコイイ?? 
 私は、‘弱気を助ける’そんな国が・・・ヨーロッパの様な国が、好き。 ヨーロッパ、綺麗だもの。税金や、物価は、高いけど・・・。 それでも。貧乏人だからって、医者にかかれず、死ぬ事は、ない。 
 この、真実を、知って欲しい。 皆にも。 一度はドキュメンタリーのこのマイケルムーア監督を、映画好きなら通るはずだよね?! 星5つと思うのは、自分でも衝撃だった。

アメリカを日本のお手本にしてるなら、日本もいつか、同じ道を辿るかも…。増税そして、保険は選択制になる!?

評価 :5/5。

同監督作品の感想はこちら→『ボーリングフォーコロンバイン

America Movie『SiCKO』impression

I want all Japanese people to see it. An American documentary film challenged by Michael Moore.

Contents, ·insurance ・ About medical care ・ Poverty and wealthy people

In Europe and Cuba, medical expenses are free. Depending on the country, it is free to go to university. That’s right, the fact.On the other hand, in the United States, medical expenses are stupid. Insurance is not included. (There are many examinations and there are many cases of refusal.) A country that is only kind to the wealthy. The Do you know that former Prime Minister Koizumi was trying to follow the same policy? ‘Only wealthy people, a happy country …’ If you are not rich, you will not be seen by a doctor. = Poor people have no obligation to live = Die … Yes, a country like that.Is that okay in Japan? Do you like America? cool? ?? The I like a country that’helps the bears’… a country like Europe. Europe is beautiful. Taxes and prices are high, but … Nevertheless. Being a poor man, he never dies without being seen by a doctor. The I want you to know this truth. For everyone. If you like movies, you should pass this documentary director Michael Moore once, right? !! If the United States is a model for Japan, Japan may one day follow the same path … Tax increase And insurance will be optional! ??

コメント

タイトルとURLをコピーしました