ザ・ファブル 殺さない殺し屋あらすじ・感想 2021年アクション映画の決定版!〜おススメ出来るアクションシーンのオンパレード〜

2021年作品

ザ・ファブル 殺さない殺し屋をレンタルしてきた…旦那さんが。という訳で、感想を書いてみる。

前回の地上波(TVサイズにカットされてるかな?)の感想はこちら→“ザ・ファブル”感想。

 ザ・ファブル1の時はあまり真面目に見てなかった…娯楽作品として、地上波だしカットされてるかもだし、流して見てしまった。

レンタルはお金を払ってるし…真面目に見てしまう。元を取ろうとする貧乏性なだけですが。

若干、堤真一が嫌いになりそうな…作品でした。前日に映画館で“ラスト・ナイトイン・ソーホー”の性描写見たのに。

この作品でも結構…見方によってはエグい性描写かと思います。平手の体当たりの演技とでも言いたいのかな…。

この作品はその、平手友梨奈のPVみたいでした。 いや、映画“響ーHIBIKIー”でも、その節はあったと思うけど。

ヒロイン役だから解るが、回想シーンであまりにも母がアップにされ長いカットだった為、ヒロインの可哀想な過去よりも…感情移入誰がするの?と言う感じでした。

 “響ーHIBIKIー”自体は、原作漫画が好きで、彼女主演の映画はチラ見しかしなかったけど。

 絶賛されるだけの演技力と言うのはあるのか正直、分からない処。響と言うヒロインは彼女っぽいなとは思いましたが。

ファブル自体は、相変わらずの岡田くんのアクションの凄さに、前回の『ザ・ファブル』よりも1つも2つも飛び抜けて、輪にかけて素晴らしい動きでした。

此れ…本当にスタント無し?と思うけど、岡田くん自身の今までの役柄から言って、SP、警察官などで全てのアクションが出来る役柄。

本人がしなくても良いと思うけど、ジャニーズと言うアイドルなので、身体を使った演技はスタントマンに任せても良いのだろうと思う。

ただ、ジャニーズと言う事務所だからこそもあるだろうし、岡田くんの中に歌手だけではなく演技を飛び抜けて上手くなりたい!と言うポテンシャルが彼をアクションの道に進ませたんだろうな…。

いつも思うけど、ジャニーズなんかの、淡麗された顔が売りの事務所に入ると歌手だけしてても良いだろうけど、顔がメインだと思われたく無いと本人思ってるだろうな。

特に大きな会社に所属してるし、かなりの顔の良さだと周りの期待が大きい。 多分、昔なら、大きな事務所に所属する歌手に限らず俳優さんとかは顔だけでも食べれた。演技下手でも。

でも、ジャニーズは特にアイドル事務所だけど、幼い頃から期待されて、ダンスや歌だけでなくパフォーマーとして鍛えられるだろうし。

その後に大きな事務所だけあって平等にかは解らないけど、それでも努力すれば色々仕事を小さい頃から細々与えられるんだろうな。

その中で、学校にもあまり通えないかもだが、純粋に色んな世界の事を吸収する内に、パフォーマー以外の夢が出てくると思う。

そして、それが岡田くんだったりの場合は、俳優業のアクションに惹かれて突き抜けていこうと貫いてきたんではないかな…。

 多分、事務所の人だって最初は反対したかもひれないけど、安全に行えるならと逆に鍛えさせてから挑ませたのかな…と想像してしまう。

 中には芸能事務所にしても会社だから、顔が売りのタレントは身体を鍛えさせない処もあると思う。 

ただ今の時代なら、本人の意向に沿って色々、幅のある世界を体験させるのかもしれないと思うし、そうであって欲しい。

映画の感想と脱線したけど、“映画ザ・ファブル2”のあらすじと感想を書いていきますね。

ザ・ファブル 殺さない殺し屋 あらすじ

ファブル(岡田准一)と呼ばれた伝説の殺し屋…伝説と呼ばれてた頃、ファブルはボスの依頼を受けて、売春行為強要するヤクザ達を狙っていた。

ラブホから出てくる少女たち。無理やりワゴン車に詰め込むヤクザ。だが、狙撃れてしまい、倒れ込む。少女達は逃げる…。

 仲間のヤクザからの連絡を受け、ボスっぽいヤクザも犬の散歩中に狙撃されてしまう。

また、立体駐車場に居たワゴン車。少女を乗せて移動中に現れるファブル。運転してるのヤクザはファブルを轢こうとする。ファブルは運転席の窓にしがみ付き、振り切ろうとするヤクザの運転に喰らいつく。

離れないファブル。運転してるヤクザの首を掻っ切り、ヤクザは死亡。ただ、ブレーキではなく、体重がアクセルにかかっており、真っ直ぐしか進めない。車が色々当たっていく衝撃にエアバッグが出る。 

ファブルは運転席の窓から後部座席を通り、ハンドルを操作。難しい操作も間に合わなく、アクセルを踏んだままの車は立体駐車場の上から落ちようとする。 その時、後部座席のドアを開け、後部座席の少女を抱え、ほかの車のボンネットに飛び降りる…!

 数年後、身体障がい者の子供を救う会を運営する宇津帆(堤真一)の秘書 佐羽ヒナコ(平出友梨奈)は車椅子の生活をしていた。ある日、ヒナコが公園でリハビリしてみようとすると、今は佐藤明としてデザイン会社で働くファブルに偶然会う。

宇津帆は人助けの団体にいる様で、ヤクザ稼業をしている…。ヒナコとの接点でファブルは宇津帆は過去、立体駐車場等で死んだヤクザの仲間だった事を思い出す。 果たして、ボスに言われた通り、殺さずにヒナコをヤクザから助ける事が出来るのか?

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』感想

冒頭で書いた通り、この作品は平出友梨奈のPVの様に、ヒロインが最後ら辺に妙にクローズアップされる。 ヒロインだからは分かるけど、主人公は、ファブル。 今回のファブルも確かに前回の1の話よりアクションも凄かったし、主人公してるけど。

ヒロインはそんなだが、ちゃんと岡田くんも目立ってはいるけど…ヒロインを全面に出されると007みたいな、寅さんみたいな感じかな。ゲストが主役では無いけどね。 ヒロインが主役を喰ってる訳でも無いけど。

あと、ちょっと堤真一の事、嫌いになりそうになる。性描写があるから。前日に、“ラストナイトインソーホー”で性描写ホラーを見たのに………。今日も見るとわ。

性描写もですが、激しいアクションの他に流血シーンもあるので、PG 12でも無いしR指定でも無いの良いのだろうか?と思いました。 PG 12にするほど、流血シーンが数秒だからだろうか。また、性描写と言っても足を弄るくらいだから?

 ただ、女性からしたら、とんでもなく気持ち悪いと思う。特に幼い頃でも痴漢だったりに遭ったり、成人してもセクハラでおじさんに触られた経験がある人は少なく無いし、こういう作品を見れば気持ち悪い。

男性が見るとそうでも無いかもしれないが、其れがとても辛い人もいるだろう。

そう考えたら、暴力映画全般は、免疫が無い女性が見るべきでは無いよなと、改めて思う。

 この映画の凄いところは、そういうところでは無い。

やはり、ファブルと言う殺し屋…そのファブルが起こすアクションの数々…。岡田くんの挑んだ今回のアクションは、前回のファブル1の非で無いし、今までの映画よりも凄い派手なお金かかってる作品だと思う。

また、ウィキペディアによれば、ファブル1でアクション監督アラン・フィグラルツで習った事を生かし、2のこの作品では岡田准一自身が、アクション振付師としてエンドロールに入っているそう。

冒頭の立体駐車場のカーアクション、中盤の木村佳乃の役柄、ファブルの妹役佐藤洋子のアクション(こちらはスタントは無いのか?木村佳乃自身のアクションと謳っているが、早送りなどの画面演出はありだろう)、メインの岡田くんの団地でのヤクザとの抗争。

ヤクザとの対決には、団地だが、宇津帆が団地を選び最終舞台を用意した際に、そもそも団地の工事をすると言う名目で足場が組んであるのが仕込みだ。 その足場が最終的に崩れるシーンが見どころでもある。

いや…メインのアクションシーンもだが、冒頭の立体駐車場のカーアクションもスタントも使っておらず、岡田くん自身だし。メインシーンの足場が崩れるまでのヤクザとのビルとビルの細い間での抗争は見どころ。

多分、劇場の大きな画面で見てたら息を飲むし、岡田くんは何者なのか?と思ってしまう。本当に誰に襲われてもやり返せるのでは無いかと言う、身体のつくりかただと思う。

総合的にアクション俳優として満点。また、ファブルと言う役どころが、関西人で岡田くん自身も関西人だそうで、100万点です。

アクション、ドラマストーリーは、それで満点近いのだが、最後のヒロインひなこが過去を走馬灯の様に思い出して(死ぬんかと思ったから走馬灯を見たのだろうけど)、ひなこの顔面UPが続くシーンは、あんまり…要らなかった。そこで誰も感情移入しないから。

 このヒロインひなこの話しだと、もちろん、ヒナコと言うヒロインを中心に物語が進んでも良い。 もう1人、ファブルの仮の姿デザイナー会社の岬がストーカーに襲われる話しだけど、其処はチラッと出てくるだけ。 ヒナコの話を中心に、同時に岬がストーカーに遭う話も出る。

 物語自体、可哀想なヒロインの話だけど、誰も感化出来ないし感情移入も出来ない。そもそも、岡田くんのアクションが凄すぎてやはり、漫画原作だなと思う。 よって現実味が無さすぎるので、ファンタジーである。

 ファンタジーだからこそ、殺し屋とヤクザ言う一般に見ない存在なんだけど、共感出来ない話しを“アクションは面白かった言い表せようか。 平出友梨奈でなくても、出来たヒロイン。

でも岡田くんと木村佳乃のアクションの変わりはいない。 要するにお話し自体は…ほんと、漫画の実写化がよく出来たんだなと言う話し。 儚げなヒロインでもっと幼い頃のヒロインが、ワンワン泣いたり、大人になったヒナコがヤクザの強姦に抵抗して喚いてしまえば、また別に同情やヤクザへの怒り、嫌悪、ヒロインへの同情が出た。

つまり、それが無いから、実写の物語としては、ヤクザただ嫌だなぁで終わりる。嫌悪があるヤクザやっつけてスッキリ!では無いからアクションは凄いねしか感想ないんじゃ無いかな。

総合するとお話しは100点ではなくなる。星評価なら、満点5の打ち、星3.5くらい。アクションだけなら、100満点。

評価 :3.5/5。

コメント

タイトルとURLをコピーしました