探偵はBARにいる2ススキノ大交差点 感想

4
2013年作品

旦那さんと観てきました♪ 
笑いあり、涙あり、エロ(前回より多い!)あり。 個人的には、1より、東北弁(北海道弁?)が増えてて良かった。 1は、大雪のシーンが多い割には、方言を感じさせなかった。 
冒頭から、大泉さんの笑いをとるシーンがあり、劇中クスクス笑い声が。 前回同様、長さを感じさせる映画なのですが、いいスパイスがたまに入ってるので、観れます。 映画祭に出しても良いくらい、私は良いと思います。藁の盾よりは。 

渡部篤郎、好きでしたが、オッサンになったな~と言う印象。役が、合ってたかな。 おのまちこは、泣かせてくれました。勿論、大泉さんの涙もだけど、おのサンが、最後にホロリとすると、作品の全体の物語の締めとして、目頭が熱く。 
犯人は、本当に上手いのか、ムカつきます! ああいう、低脳なヤツは、子供の頃から、ロクな教育されてなかったんだろうなって。 本当に、人の気持ちを判ろうともしない、ガキみたいなヤツが、争いを起こす。 そういう火種は教育で、正してやりたい。 それくらい、犯人は低脳で、イヤな存在でした。

評価 :4/5。

JAPAN MOVIE『TANTEI HA BAR NIIRU2-SUSUKINO DAIKOUSATEN-』(『The detective is in the BAR-SUSUKINO INTERSECTION』

Hiroshi Oizumi star

I laugh and have that and there is a tear, and there is eros (It’s a lot more than last time!) Personally, a Tohoku dialect (Hokkaido valve?) might increase more than 1. With a lot of scenes by which 1 is a heavy snow, comparatively, I didn’t make them feel a dialect.
There is Sean who wins Mr. Oizumi’s laughter from the beginning, and it’s plot couscous laughter. It’s the movie which makes the length feel like last time, a good spice is sometimes included, so it can be seen. I think I’d like so that it may be taken out in a film festival.

I liked Atsuo Watanabe, the impression to which I say that it was OSSAN-. Was the role right? O NOMACHIKO made them cry. Of course, it’s Mr. Oizumi’s tear, too, Mr. Ono is last, touchingly, when, an inner canthus is hot as end of the whole story of a work.
It’s nasty whether the criminal is really skilful! The one which is that low brain is decent from child’s time, it wouldn’t be educated. Really, the fellow who looks like the child who doesn’t try to understand person’s feeling causes a quarrel. I’d like to correct such source of fire by education. That and a criminal were low brain and were unpleasant existence.

コメント

タイトルとURLをコピーしました