映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 』感想

1.0
恋愛映画

映画、見に行きました。 内容、知らず、恋愛映画と思ってましたが、バイト先の後輩に、SMの 話しと聞いてはいました。 思ってた程、激しくない。そして、消化不良の終わり方。何故なら、続編があるとかで。 多分、続編は、激しいと思いたい。 
もう、いい大人ですから、AV見てるみたいな気分で、よほど激しいSMではないと、ビックリしない。 縛りプレイがないし、木馬もないし、放置プレイとかもないんだろうな。そんなに詳しくない私でも、日本の漫画より、劣るプレイの様。 それにしても、モザイクは、今は昔みたいに、白でボカシ!って感じではなく、ほんのりボカシって感じなんですね。 違和感…。R指定のボカシ、もう、やめればいいのに。映画館だと、年齢確認してるのだし。

うーん。次回作が激しいと祈る。

評価 :1/5。

『Fifty Shades of Grey』impression

I went to see a movie. I didn’t know the content, and I thought it was a romance movie, but I heard from a junior at my part-time job that it was about SM. Not as intense as I expected. And how to end indigestion. Because there is a sequel. Maybe the sequel is fierce.
I’m already a good adult, so I feel like I’m watching AV, and I’m not surprised unless it’s a very intense SM. There is no tied-up play, there is no rocking horse, and there may be neglected play. Even though I’m not so familiar with it, it seems to be inferior to Japanese manga. Even so, the mosaic is now white and blurred like it used to be! It’s not like that, it’s a little blurry. A feeling of strangeness … I wish I could stop the blurring of the rating. At the movie theater, I check my age.

コメント

タイトルとURLをコピーしました